2022年6月19日

旬のスイカおいしく 鳥取でフェア 3年ぶり試食会も

 鳥取が誇る名産品のスイカをPRする「鳥取すいかフェア」(JAグループ鳥取、JA鳥取県中央会主催)が18日、鳥取市賀露町西3丁目の地場産プラザ「わったいな」で始まった。試食会やクイズ大会などがあり、会場は多くの家族連れでにぎわった。19日まで。

 今年のスイカは天候に恵まれ、甘みもありみずみずしい食感を堪能できる。3年ぶりに催された試食会では、2日間を通して約100玉を振る舞う予定。

 この日は旬のスイカを一口味わおうと待ち望んだ県内外の客らでにぎわった。会場には県内ブランドの「倉吉すいか」や「琴浦がぶりこ」が出品され、参加者は食べ比べを楽しんだ。

 試食会に参加した岩美町の松岡柚葵ちゃん(8)は「とても甘かった。食べられてうれしい」、妹の来実ちゃん(6)は「すごくおいしかった。また食べたい」と笑顔を見せた。