2022年6月21日

恩師ら激闘ねぎらう 武尊選手“世紀の一戦”判定負け

 米子市出身で格闘技K-1の3階級王者、武尊選手(30)は19日夜、東京ドームで格闘技RISEの那須川天心選手(23)との“世紀の一戦”に臨み、0-5の判定負けを喫した。現地で激闘を見守った恩師は、開催までの長い道のりを歩んで決戦のリングに上がったまな弟子を「お疲れさま」とねぎらった。

会員登録すると続きをお読みいただけます。