2022年6月23日

県内新たに62人 新型コロナウイルス 22日

 鳥取県は22日、県内で新たに62人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。鳥取市の私立高校と事業所ではクラスター(感染者集団)が発生した。

 私立高校では17~21日に関係者24人、事業所では17~20日に関係者6人の感染を確認。いずれも重症者はいない。私立高校では感染者が確認された部活動を20日から当面の間、停止し、一部クラスを閉鎖。事業所は18日から閉鎖している。

 保健所管内別の内訳は鳥取市34人、米子15人、倉吉13人。県内の累計感染者数は1万6003人となった。

 県内の感染者数は増加傾向となっており、県新型コロナウイルス感染症対策推進課は「全国的に感染者数が増えている。適度な換気など基本的な感染対策をお願いしたい」と呼びかけた。

新型コロナ感染状況(22日)

 【鳥取大】鳥取キャンパスの学生1人、職員1人。

 【鳥取県】本庁舎に勤務する職員1人。不特定多数の県民と接する業務ではなく、執務室を消毒し業務を継続している。

 【中部消防局】職員1人。住民や職員に影響はなく、通常業務を継続。

 【米子市】一部クラスを臨時休園していた東保育園は22日から再開。

 【境港市教委】渡小で新たに関係者3人。引き続き一部の学級を閉鎖。

 【日吉津村】役場庁舎1階に勤務する職員1人。濃厚接触者はいないため通常業務を継続する。