2022年6月25日

境港マグロ 豊漁でも高騰 資源保護成果 大型魚恵まれ

 全国有数のクロマグロ水揚げ量を誇る鳥取県境港市の境漁港で漁期が終盤を迎え、水揚げ量、1キロ当たりの単価ともに好調に推移している。脂が乗った身質は良好で、輸入マグロの供給不足も相まって大幅な高値となった。全国から引き合いがある一方で、地元飲食店や小売りは仕入れや販売に苦慮している。

会員登録すると続きをお読みいただけます。