2022年6月25日

若者の政治関心どう高める 18歳からの投票、5度目

 選挙権年齢が18歳に引き下げられてから、5回目の国政選挙を迎える。鳥取県内の過去の国政選挙では10~30代の投票率が他の世代に比べて低く、いかに政治参加の意欲を高めるかが課題となる。一方、新型コロナ対策や物価高など、政治と暮らしのつながりを身近に感じている若者も多い。若い有権者が今の政治にどういった評価を下すかも、今参院選の焦点の一つになる。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集