2022年6月27日

本人不在の選挙サンデー 留守番部隊がぐるぐる

 参院選公示後、初の選挙サンデーとなった26日、鳥取・島根選挙区に立候補した共産党新人の福住英行(46)▽立憲民主党新人の村上泰二朗(34)▽自民党現職の青木一彦(61)-の3候補はいずれも島根県内で遊説。鳥取県内は「あるじ不在」の日曜となった。合区特例で使える「もう1台の選挙カー」と留守番部隊が各候補のアピールに走り回ったが、有権者からは「本人の姿が見えない」と不満の声。陣営からもムード低迷を嘆く声が漏れた。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集