2022年6月27日

男性トイレに汚物入れを 県内での導入進まず

 男性トイレにも、サニタリーボックス(汚物入れ)を-。全国の公共施設などで男性トイレの個室にサニタリーボックスを設置する動きが広がる中、鳥取県内では導入が進んでいない。前立腺肥大や前立腺がん、膀胱(ぼうこう)がんの手術の影響や加齢に伴う尿漏れで尿漏れパッドや紙おむつを使用する人、またトランスジェンダーといった理由でサニタリーボックスを必要とする当事者にとっては、切実な問題となっている。(三野夏美)

会員登録すると続きをお読みいただけます。