2022年6月29日

防災費、中電負担分を明記 鳥取県と財源協力協定締結へ

 鳥取県は28日、中国電力島根原発(松江市鹿島町)を巡り、県が実施する防災対策に必要な経費のうち、国の財源措置の対象とならない費用について、中電側が継続して負担するとの内容を盛り込んだ「財源協力協定」を7月6日に中電との間で締結すると発表した。原発事故時に避難車両の検査などを連携して行う防災協定も、島根県、中電との3者で結ぶ。

会員登録すると続きをお読みいただけます。