2022年6月30日

県内104人感染 新型コロナウイルス 29日

 鳥取県は29日、県内で新たに104人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者数が100人を超えるのは5月24日以来、約1カ月ぶり。米子市では3件のクラスター(感染者集団)が発生した。

 同市では21~27日に放課後児童クラブで児童と職員計7人、22~27日に製造業の事業所で9人、26~28日に箕蚊屋中で関係者19人の感染が判明。放課後児童クラブは28日から閉所。事業所は消毒を済ませ営業を継続、箕蚊屋中は28日から学校閉鎖している。クラスター条例に基づき、県が発生要因を調べている。

 県内の累計感染者数は1万6452人となった。

新型コロナ感染状況(29日)

 【鳥取県】西部総合事務所の職員1人。不特定多数の県民と接する業務ではなく、執務室を消毒し業務は継続している。

 【鳥取市環境事業公社】職員1人。検査を受けた残りの3人は陰性。業務に支障はなく、通常通り。

 【米子市】南保育園の関係者1人。29日は一部クラスを臨時休園とした。

 【西部消防局】職員2人。災害対応に影響はない。