2022年7月2日

暮らしと選挙 2022参院選 鳥取・島根選挙区(5)

 中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町、82万キロワット)の再稼働に向けた地元同意の手続きが終わり、同3号機(137万3千キロワット)の原子力規制委員会の審査再開も見込まれる。一方で、米子、境港両市など原発30キロ圏住民は原発の重大事故への不安を解消できずにいる。ロシアのウクライナ侵攻で原発の新たなリスクが浮上。“核のごみ”処分も未解決のままだ。

会員登録すると続きをお読みいただけます。