2022年7月5日

青木氏大きくリード 参院選鳥取・島根 本紙世論調査

 新日本海新聞社は、10日投開票の参院選について、鳥取・島根選挙区(改選数1)の有権者を対象に3日、世論調査を実施し、取材で得た情報も加味して情勢を探った。自民党現職の青木一彦候補(61)=公明党推薦、2期=が大きくリードし、立憲民主党新人の村上泰二朗候補(34)が追う展開。共産党新人の福住英行候補(46)は埋没し、広がりを欠く。諸派・参政党新人の前田敬孝候補(60)とNHK党新人の黒瀬信明候補(37)は厳しい。ただ、2割弱の有権者が投票先を決めておらず、終盤戦の動向で情勢は変化する可能性がある。(7月5日20面に関連記事)

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集