2022年7月5日

再始動する淀江産廃(下)

 「ボーリング調査やシミュレーションモデルなどあらゆる手段を投入し、リポートに至った。地下においしい水が流れている大山の構造を知ってもらうことになる」。米子市淀江町小波に計画される産業廃棄物管理型最終処分場の建設予定地周辺の地下水調査結果について、「水源地に影響を及ぼす懸念材料はない」などとする報告を受けた鳥取県の平井伸治知事は3日、記者団に胸を張った。

会員登録すると続きをお読みいただけます。