2022年7月6日

終盤の攻防 22参院選 鳥取・島根選挙区(上)

 参院選鳥取・島根選挙区(改選数1)は、自民党現職の青木一彦候補(61)が大きくリードし、立憲民主党新人の村上泰二朗候補(34)が追う展開となっている。共産党新人の福住英行候補(46)は広がりに欠け、諸派・参政党新人の前田敬孝候補(60)、NHK党新人の黒瀬信明候補(37)は苦しい戦い。情勢分析を受け、各陣営は攻防を激化させている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集