2022年7月6日

中部小学校水泳大会 倉吉市不参加に児童ら落胆

 新型コロナウイルスの影響で今月下旬に3年ぶりに開催される「中部小学校水泳大会」(中部小学校体育連盟主催)に、倉吉市の小学校が不参加を決めたことが分かった。背景には教員の「働き方改革」があり、多くの時間を取られる大会練習が教員の労働環境の改善を図る上で長年の懸案だった。大会を楽しみにしていた市内の児童や保護者は落胆するが、市教委の小椋博幸教育長は「授業の準備など、本来の仕事に時間を充てたい。子どもの成長を肌で感じることが教員のモチベーションになる」と理解を求めている。(加嶋祥代)

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集