2022年7月15日

困り感抱える人を支援 新しい居場所「つむぎ」

 困り感を抱える人が安心して過ごせる新しい居場所「つむぎ」が17日、倉吉市小田に開所する。不登校やひきこもり、発達障害など困り感を抱える当事者やその家族らがNPO法人を立ち上げて空き家を整備。誰一人取り残さない地域社会をつくっていくために、自分たちの経験を基にした活動拠点を持ちたいという長年の夢を実現させた。関係者らは「ここに来たら楽しいと思ってもらえる居場所にしたい」と期待を膨らませる。

会員登録すると続きをお読みいただけます。