2022年7月20日

貸与端末、地元で修理 ギガスクール構想で倉吉の会社

 業務用タブレットの運用や修理サポートなどを展開する鳥取県倉吉市秋喜のODSコミュニケーションサービス(灘吉健社長)は本年度から、国のギガスクール構想で小中学生や教員に貸与されているタブレット端末を対象にした故障・不具合時の修理サービスを鳥取県内で開始している。これまではメーカーに頼っていた修理業務を地元事業者が担うことで、教育現場の負担は大幅に軽減。予算面でも大きな利点となっており、鳥取発のモデル事業として注目が集まりそうだ。(池田悠平)

会員登録すると続きをお読みいただけます。