2022年7月29日

鹿児島でも栄冠獲得を 全共種牛の部 県代表14頭選抜

 10月に鹿児島県で開催される「第12回全国和牛能力共進会鹿児島大会」の種牛の部に出場する鳥取県代表牛を決める最終予選会が28日、琴浦町湯坂の県中央家畜市場であり、14頭の和牛を選抜した。5年前の宮城大会では肉質1位に輝き、ブランド力が全国的に向上した鳥取和牛。子牛の競り価格上昇にもつながった。ロシアのウクライナ侵攻などによる飼料価格の高騰に直面する県内の和牛農家は「鹿児島でも鳥取の風を吹かせよう」と、再度の栄冠獲得に向けて士気を高めている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。