2022年8月3日

県内過去3番目673人感染 クラスター7件発生 2日

 鳥取県は2日、県内で新たに673人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの新規感染者数としては、7月27日の695人、30日の694人に続き、過去3番目の多さ。県は同日、県中部での最大確保病床使用率が38・5%と3日連続3割を超えたため、同地区に県版コロナ警報の警報を発令した。県西部でも病床使用率が49・7%となり、特別警報レベルに近づいている。

 県新型コロナウイルス感染症対策推進課によると、高齢患者の増加や高齢者施設でのクラスターが相次いでいることもあり、入院患者が増加。担当者は「エアロゾル感染で広がっているとみられる。暑い時期だが冷房のために部屋を締め切らず、できるだけ換気してほしい」と呼びかける。

 県内では7件のクラスター(感染者集団)が発生した。施設と人数は、鳥取市の私立学校と寮(21人)▽同市の高齢者福祉施設(利用者や職員9人)▽同市の高齢者福祉施設(入所者や職員10人)▽湯梨浜町の社会福祉施設(同8人)▽北栄町の高齢者福祉施設(同13人)▽米子警察署(警察職員や被留置者9人)▽県立米子西高(14人)。クラスターの発生は累計271件となった。

 7月31日分の発表事例に重複と報告の取り下げが各1件あり、県内の累計感染者数は2万9718人となった。

新型コロナ感染状況(2日)

 【鳥取大】鳥取キャンパスの学生10人、職員1人。米子キャンパスの学生3人。

 【鳥取県】県庁舎の職員1人、県西部の出先機関に勤務する職員3人、県外で勤務する職員1人。県企業局本局(県庁第2庁舎2階)の職員1人。いずれも業務は継続する。県立中央病院と厚生病院の職員各2人。診療は通常通り。

 【鳥取県教委】東部地区の関係機関の職員1人。業務は通常通り。

 【鳥取県警】警察本部と米子署の職員計2人。業務は通常通り。

 【鳥取労働局】鳥取労働局職業安定部の職員2人と鳥取公共職業安定所、米子公共職業安定所の職員各1人。外部関係者との濃厚接触はない。

 【岩美町】みなみ保育所関係者1人。

 【岩美町議会】関係者1人。

 【智頭町教委】智頭小の関係者3人、智頭中の関係者1人。

 【東部消防局】職員3人。

 【琴浦町教委】船上小と赤碕小の関係者各1人。

 【米子市】本庁舎の職員2人、ふれあいの里の職員3人。業務は通常通り。箕蚊屋なかよし学級の関係者1人。

 【境港市】わたり保育園で新たに2人。

 【日吉津村】職員1人。業務は通常通り。

 【大山町】役場本庁舎、大山口診療所で職員各1人。業務は通常通り。

 【大山町教委】名和さくらの丘保育園で1人。

 【日南町教委】日南中の関係者1人。