移動編集車紹介


 NIE活動や各種イベントの際に出向き、現地で特別号外などを発行する移動編集車「日本海メディア号(愛称・みみちゃん号)」。機動力を生かして新鮮な地域密着情報をお届けしています。

◆…装備…◆

 車内には、新聞紙面の作成ソフトを内蔵したノートパソコンのほか、高速カラープリンターや発電機などが搭載されており、パソコンで記事編集や写真の画像処理、紙面レイアウトを行います。
 プリンターは2台合わせてカラーのA4判紙面を1分間で約80枚印刷する能力を備え、紙面の大きさは最大A3判まで制作できます。
◆…外装…◆
 車体には、おなじみの日本海新聞マスコットキャラクター「みみちゃん」があしらわれています。左側ボディーにはペンとノートを持った新聞記者のみみちゃん、右側はカメラを手にしたカメラマンのみみちゃんが描かれています。

移動編集車ミニみみちゃん導入 日本海メディア号2台に

移動編集車「ミニみみちゃん」
 日本海新聞は、新型の移動編集車「日本海メディア号(愛称・ミニみみちゃん)」を導入しました。現地に赴いて編集から印刷までを行う、走る「編集制作局」です。現行のメディア号(みみちゃん)とともに、2台体制で鳥取県内を飛び回ります。

 「ミニみみちゃん」は、四輪駆動の軽自動車を改造。パソコンやプリンターを搭載し、現地で取材した出来事をその場で最大A3判の新聞として発行します。車体には、新聞社のマスコット「みみちゃん」の絵をデザインしています。



しんぶんヒーロー
本紙イメージキャラクター「みみちゃん」のイメージソング「しんぶんヒーロー」完成しました。 作詞・作曲は、地元を中心に音楽活動を展開している「ロケットくれよん」の二人。
イメージソングの完成を記念し4月20日、境港市の夢みなとタワーでミニコンサートが行われ、約500人の親子連れが集まりました。
歌を通じて楽しく新聞とふれ合いました。
みみちゃん体操
鳥取大学卒業の小学校教諭が考案し、新日本海新聞社がアレンジしたリズム体操です。 動画を見ながら体を動かし、気持ちのいい汗をかきましょう。

ピックアップ

ニュースランキング

1 岩美で水難事故4件 智頭の男性が死亡
2 半数超が非公表 なぜ? 鳥取市内感染者立ち寄り先
3 鳥取県新たに2人 新型コロナ、鳥取と米子 計21人に
4 県内の関係者44人全員陰性 鳥取県
5 5地点で今年最高 青谷で37・5度、米子37・1度
» もっと見る