トップページ » 一覧

正楽寺でハス見頃

20年7月10日(金) 〜 20年8月10日(月)

雨粒を受けてかれんに咲くハスの花=10日、新温泉町前の正楽寺
 新温泉町前の正楽寺(郷司昌賢住職)で、この時季の風物詩になっているハスの花がほころび始めた。涼しげな花の開花は、8月中ごろまで続く。
 同寺では境内の鉢や池で約60種を栽培している。参道から本堂にかけて赤、白、ピンクの花が次々と開き、参拝者を迎える。開花期間はそれぞれ4日間ほど。
 中でも、一輪に数千枚もの花びらをつける「妙蓮(みょうれん)」は珍しく、満開時の花弁はあふれ出るように豪華。湯村温泉を開いたとされる慈覚大師が、中国から持ち帰ったと伝えられている。例年7月中旬から開花し、外側の花弁を少しずつ散らしながら2週間ほど咲き続ける。
 今年は7月上旬からつぼみが伸び始めた。今は見頃の初期で、ピンクや白い花が徐々に花びらを広げている。郷司住職は「雨にぬれて、美しい色がより映えている。ぜひ見に来てほしい」と呼び掛けている。
日程は変更される場合があります。
投稿マークのついたイベントの詳しい内容は投稿者に確認してください
2020.08
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2020.09
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30