responsive image responsive image
responsive image
responsive image

株式会社澤井珈琲

所在地 境港市竹内団地278−6
電 話 0859(47)5381
【会社概要】
設  立 1982年7月
代  表 代表取締役 澤井幹雄
事業内容 コーヒー豆卸小売業
従業員数 160人
responsive image

本社社屋

代表取締役

澤井 幹雄氏

 −2020年度の売り上げはいかがでしたか。

 おかげさまで、前年を10億円以上超えることができました。在宅時間が長くなり、コーヒーを飲む機会も増えたのが要因です。ネット販売には早くから取り組んでおり、昨年10月には生産設備を増強し、従来の倍の注文に対応できるようになりました。需要に応えることができ、お客さんから「コロナ禍の中、コーヒーを飲むのが唯一の楽しみ。感謝しています」というメッセージも頂きました。言葉で言い表せないほどの喜びです。

 −ネット販売での成功の秘訣(ひけつ)は。

 人よりも早く始め、早く失敗することです。後から来た人も同じところでつまずく。そこで再び差を付けられますから。問い合わせがあれば真摯(しんし)に対応し、信用を得る。ネット販売は特別なことではありません。うちはお客さんが1日1人の時代からスタートしていますから、実際の店舗での経験が生きています。例えばネットでコーヒー豆と電動ミルをセットで販売したときも、4千セットがすぐに売れました。これも店舗で喜ばれた売り方です。コーヒー豆を家でひいてもらうと家中に香りが広がり、お客さんに「澤井珈琲のコーヒーは香りがいい」と感動していただきました。

 −コロナ後を見据え、東京でのブランディングや海外展開にも意欲的です。

 コロナが落ち着いたら、反動で海外から人がやって来ます。東京では銀座と東京ソラマチ、浅草ROXに店舗があり、これらをうまく生かしていきたいと考えています。台湾にも出店計画があり、東京と同じ「銀座澤井珈琲」の名前で統一します。台湾のバイヤーにはこれまでもビジネスの何たるかを教えてもらいました。台湾には、世界中から商品が集まってきますので、バイヤーの期待以上の商品を提案していきたいという意欲は常に持っていますね。

 −コーヒー栽培にも取り組まれ、葉を使ったトリゴネ茶も生産されています。健康分野への展望は。

 葉に目を付けたのは、実が付かない年でも葉は取りっぱぐれがないという発想からです。トリゴネ茶は好評でコンスタントに売れています。コーヒーの木は現在2万鉢を育てており、世界最北端での栽培じゃないかと言われています。トリゴネコーヒーを使った健康食品の開発にも挑戦しています。

株式会社澤井珈琲

所在地 境港市竹内団地278−6
電 話 0859(47)5381
【会社概要】
設  立 1982年7月
代  表 代表取締役 澤井幹雄
事業内容 コーヒー豆卸小売業
従業員数 160人
responsive image

本社社屋