responsive image responsive image
responsive image
responsive image

ホンダ山陰中央株式会社

所在地 米子市車尾3丁目3−58
電 話 0859(36)3170
【会社概要】
設  立 2007年1月1日
代  表 代表取締役社長 金口伸
事業内容 自動車販売、整備、自動車保険、
     中古車販売、自動車鈑金
従業員数 172人(2021年4月1日現在)
responsive image

本社社屋

代表取締役社長

金口 伸氏

 −社長就任から10年間を振り返って。

 この10年間は、過去最高販売台数を記録した年とその反動で一番大きく落ち込んだ年がありました。販売が不調な時には、社員が積極的に点検・車検を獲得したり、顧客に定期点検パックや残価設定型クレジットを提案したりして収入源を確保してきました。新型コロナウイルスにより一時、買い控えが生じましたが、今は逆に需要増加で急激な部品不足傾向にあり、当店でも納期の遅れなどが出てきています。車の販売一辺倒ではなく定期的に接触、代替え提案ができる商品を積極的に販売し、全社員で顧客対応する形が今まで以上にできつつあります。

 −環境保全活動にも取り組んでおられます。

 当社では自動車の販売・整備を通じCO2排出量前年度比5%削減を目標に掲げています。環境性能の高いハイブリッド車の販売も大きな柱ですし、点検・車検では専門的な研修を受けたスタッフが、排ガス規定量の測定など適正な処置で基準に合った整備を行い、CO2削減や排ガス予防に努めています。また太陽光発電の設置やほとんどの店舗でLED照明への交換を行いました。今後もできる範囲で環境に良い物を使うよう遂行します。

 −地域に根差した企業としての取り組みは。

 「鳥取県ホンダ会」で年1回の海岸清掃を長年続けています。毎年30〜50人が参加し、ホンダの技術を搭載したバギーカーを活用しながら、近年は自治会やさまざまな団体と一緒に活動しています。また交通安全協会や自動車販売店協会に協力し、日々進化する自動車安全性能の体験講習会も定期的に行っています。高齢者ドライバーが増加する中、少しでも長く安全に運転していただけるようサポートに努めています。

 −コロナ禍やアフターコロナでの事業展望は。

 このたび開始した点検・車検後のネットアンケートは、翌日には回答が販売店にフィードバックされ、顧客へのいち早い対応が可能となりました。電動化へのシフトなど今後のさまざまな変化を見据え、販売、整備に続く第三の柱になる事業を考えていく中で、例えば災害時にショールームの防災ステーションとしての活用や防災用品の備蓄、降雪時の除雪車の貸し出し、女性向けサービスなど、地域に根差し必要とされる会社となるような事業を考えていきたいと思います。

ホンダ山陰中央株式会社

所在地 米子市車尾3丁目3−58
電 話 0859(36)3170
【会社概要】
設  立 2007年1月1日
代  表 代表取締役社長 金口伸
事業内容 自動車販売、整備、自動車保険、
     中古車販売、自動車鈑金
従業員数 172人(2021年4月1日現在)
responsive image

本社社屋