responsive image responsive image
responsive image
responsive image

株式会社JCBエクセ

所在地 鳥取市若葉台北6丁目1−1
電 話 0857(52)5656
【会社概要】
設  立 2014年3月4日 代  表 代表取締役社長 梅澤章
事業内容 ペイメントカード事業に関する事務受託
従業員数 321人(2021年6月現在)
responsive image

本社社屋

代表取締役社長

梅澤 章氏

 −鳥取市に進出して7年が経ちました。

 当初43人だった社員数は今や320人を超えました。業務のデジタル化・ペーパーレス化にも積極的に取り組み、エクセ全体の生産性、地震やコロナ禍のような緊急事態となった場合の業務安定性は大きく向上しています。昨春のコロナによる緊急事態宣言下でも、委託元JCBの基幹業務を一切遅延することなく継続し、JCBグループにおけるエクセの位置付けを一層高めたと思っています。

 −「アフターコロナ」時代の事業展望は。

 従業員の安心を確保しつつ、業務の安定運営に努めます。進出当初は400人体制を計画していましたが、職場内で濃厚接触者を出さない「鳥取スタイル」のオフィス環境を考慮し、現在の建屋ではこれ以上の増員は難しいと判断。当面はこの規模で進めます。

 コロナ禍の世界はデジタル化が加速。従来の紙処理を得意技としているエクセもこの変化を能動的に捉え、外部の新技術などを取り入れたオペレーション改革を、JCBと協働して継続的に行います。

 −2021年4月に「コーポレートビジョン」を新たに設けました。

 3月に満了した中期計画に替わる新中期計画(21〜24年度)を作成する必要があり、エクセで採用した総合職を中心にプロジェクトチームを昨夏に立ち上げました。JCBの子会社として、JCBからの委託業務を正しく・早く・効率的に遂行する今までのエクセの価値軸を超えて「一緒に働く従業員に対し、またご縁をいただいた鳥取県・鳥取市に対し、エクセとはどうあるべきか」も議論しました。完成したコーポレートビジョンは「親会社JCBから安心して選ばれる」、そして「JCBから、“従業員から、地域コミュニティーから”強く必要とされ、愛される会社になる」。従業員にエクセをもっと好きになってほしい、エクセで働くことに誇りを持てるようにしたい、という意図も含まれています。

 −今後、重点的に取り組みたいことは。

 JCBからの出向者が担っていた業務運営は今や、大半がエクセで採用したプロパー社員に置き換わっており、その中から管理職として活躍している人もいます。JCBに依存してきた人材とマネジメントを、エクセプロパーの人材とノウハウに比重を移します。結果として“JCBから、従業員から、そして鳥取から、必要とされ、愛されるエクセ”になっていきたいと思います。

株式会社JCBエクセ

所在地 鳥取市若葉台北6丁目1−1
電 話 0857(52)5656
【会社概要】
設  立 2014年3月4日 代  表 代表取締役社長 梅澤章
事業内容 ペイメントカード事業に関する事務受託
従業員数 321人(2021年6月現在)
responsive image

本社社屋