responsive image responsive image
responsive image
responsive image

鳥取信用金庫

所在地 鳥取市栄町645
電 話 0857(23)2411
【組織概要】
設  立 1950年8月21日
代  表 理事長 田村博信
事業内容 預金業務・融資業務・為替業務・その他一般関連金融業務
従業員数 190人(2021年3月末現在の常勤役職員)
responsive image

本店外観

理事長

田村 博信氏

 −昨年、設立から70周年を迎えました。

 「お客さまを知る」「地域を知る」行動として、事業所のご要望に沿った訪問対応を行う「職域サポート」の拡大や事業性評価に注力してきました。また、信用金庫自体が県内、山陰地域、中国地方、全国で組織化され、横のつながりが強固です。一つの信用金庫で解決が難しくても、そういった組織のいずれかで対応できる強みがあります。このようなきめ細やかさや機動性が、多少なりとも地域から評価されてきたのではないでしょうか。

 −昨年度は「とりしん新共創共生3か年計画2020」の最終年度でした。

 新しく「とりしん共創共生3か年計画NEXT」を策定し、4月から運用しています。副題には「ポストコロナ時代の新しい未来を目指して」と付けました。前理事長が掲げた「共創共生」というテーマはまさに私たちの信用金庫が目指す姿を一言で表現したものです。この行動指針を受け継ぎ、「地域経済の持続的繁栄と豊かな未来の創造」をビジョンとして掲げ、お客さまとお客さま、地域と地域、現在と未来をつなぐ歩みを進めていきます。

 −近年はSDGsを意識した取り組みも盛んです。

 本来、私たちの事業活動はSDGsの17の目標のどれかに当てはまるものです。新たな「3か年計画」では、各施策がどの目標に対応しているかひもづけし、役職員の認識を深めています。また、個人レベルでの行動も必要であることから、地元企業を含む地域の皆さまへの啓蒙(けいもう)活動も積極的に行い、SDGsの理念を地域へ浸透させたいと思います。

 −「ウィズコロナ」「アフターコロナ」時代の事業展望について。

 現状は各種補助金等の活用で手持ち資金は比較的潤沢な状況ですが、あくまで一時しのぎであることは否めません。ワクチン接種が進み、感染拡大が収まっても「ニューノーマル」の世界が定着する可能性は高いですし、事業者の皆さまもそうした視点の方が多く、業態変更や多角化などすでにさまざまな工夫をしながら事業継続されています。

 これまで以上に金融面だけでなく、販路拡大や事業承継など、コンサルティング分野である非金融面からも寄り添った支援を行う必要があります。スローガンである「Face to Face」の対話で、お客さまと課題を共有し、今後の持続可能な事業継続に注力し、地域復興の一翼を担っていきます。

鳥取信用金庫

所在地 鳥取市栄町645
電 話 0857(23)2411
【組織概要】
設  立 1950年8月21日
代  表 理事長 田村博信
事業内容 預金業務・融資業務・為替業務・その他一般関連金融業務
従業員数 190人(2021年3月末現在の常勤役職員)
responsive image

本店外観