responsive image responsive image
responsive image
responsive image

寿製菓株式会社

所在地 米子市旗ケ崎2028
電 話 0859(22)7456
【会社概要】
設  立 2006年10月2日
代  表 代表取締役社長 城内正行
事業内容 菓子の製造・販売
従業員数 573人(2021年9月現在)
responsive image

因幡の白うさぎ

代表取締役社長

城内 正行氏

 −コロナの影響は。

 行動制限・自粛で大きな影響を受けました。しかし現在は、業務の見直しや効率化を進めることができています。

 コロナ禍にあって、通信販売の充実や新たな販売チャネルの開拓をし、実績を残すことができました。感染が収束しつつある今、この1年半で準備してきたことを従来からの主力である観光土産の対面販売で発揮しながら、新たな柱の通販と新規販売チャネルを加えて成長したいと思います。

 −商品のファンを増やす活動を長年地道に続けてこられています。

 看板商品の「因幡の白うさぎ」は発売から53年となりました。皆さまのご愛顧のおかげと、感謝申し上げます。これまで、幼稚園や保育園で白兎神話の紙芝居をしたり、各企業とタイアップしたりと、地元を代表する神話から生まれたこのお菓子に親しんでいただけるような取り組みを続けてきました。

 このたび47都道府県の土産の中から「推し土産」を選ぶ投票で、日本一に選んでいただきました。これも励みに、若い世代の方々を含めたさらなる知名度の向上や販売促進につなげていきたいですね。

 −山陰になじみの深いトチの実やタデアイの健康分野への応用に力を入れています。

 とち餅の販売と同時に、トチの実の成分の研究も長年続けてきました。研究によって健康へのいろいろな作用が分かり、健康茶として商品化しています。タデアイも抗ウイルス作用に注目し、青汁などの飲料品として商品化、知名度アップを図っています。

 −旧社からの通算で来年70周年を迎えます。意気込みを。

 70周年を迎えられるのは、いろいろな形で支えてくださってきた皆さまのおかげです。当社としては、“寿品質”の追求に専念したいと思っています。寿品質とは、おいしいお菓子をしっかりとした品質管理体制の下で作り、最高の接客でお届けすることです。この意識を社内外であらためて共有し、社員が誇りと自信を持って仕事をできるよう、四つの製造拠点全てでISO22000を取得しました。

 また、業績の復活に際しては、さらなる顧客満足・従業員満足の向上に努め、地域のスポーツ振興、イベント協賛などで地元に還元し、この地域とともに共存、共栄する企業でありたいと思っています。

寿製菓株式会社

所在地 米子市旗ケ崎2028
電 話 0859(22)7456
【会社概要】
設  立 2006年10月2日
代  表 代表取締役社長 城内正行
事業内容 菓子の製造・販売
従業員数 573人(2021年9月現在)
responsive image

因幡の白うさぎ