トップ > 記事
特集一覧

2022

vol157とっとりエコ検定 2022/07/29
vol156環境に優しい車社会 2022/06/28
vol155森林や里山の保全、活用 2022/05/28
vol154再エネ普及へ活発化 2022/04/26
vol153とっとりエコ検定 2022/03/27
vol152エコツーリズムの推進 自然観光資源を生かす 2022/02/25
vol151脱炭素社会の実現へ カーボンニュートラルに挑む自治体 2022/01/31

2021

vol150省エネ住宅で快適な暮らし 2021/12/27
vol149暮らしで未来を変える〜エシカル消費のススメ〜 2021/10/26
vol148環境に優しい車の普及へ 2021/09/26
vol147環境配慮型ビジネスへ 2021/08/26
vol146人と環境に優しい農業 2021/06/30
vol145環境に優しい再エネの活用 2021/05/28
vol144循環型社会(4R)の実現へ 2021/04/30
vol143食品ロスをなくそう! 2021/02/25
vol142SDGsの推進 2021/01/31

2020

vol141多様な生態系を守る 2020/12/28
vol140快適な暮らしを実現 2020/10/28
vol139豊かな世界へSDGs実践 2020/09/28
vol138目指すべき未来 Society5.0の社会実現に向けて 2020/08/29
vol137環境守る森林、林業 2020/06/29
vol136自治体が挑む環境問題 2020/05/29
vol135持続可能な社会へ力添え 2020/04/30
vol134電動車で代替エネルギー活用 2020/02/27
vol133エコに通じる食、健康 2020/01/31

2019

vol132ごみの減量化に向けて 2019/12/26
vol131景観守り、地域活性化 2019/10/29
vol130環境ビジネス最前線 先駆的な再エネ活用 2019/09/27
vol129新たなステージ迎えた環境とビジネス 2019/08/30
vol128SDGs(持続可能な開発目標)を知り実践しよう 2019/06/28
vol127できることから温暖化防止 2019/05/27
vol126環境保全型農業の実践 開かれた農業セクターの可能性 2019/04/25
vol125自治体が挑むエネルギー政策 バイオマス発電の取り組み 2019/02/28
vol124山を守る 温暖化防ぐ取り組み 2019/01/30

2018

vol123対策広め、温暖化防止 地域で活躍するサポート活動 2018/12/27
vol122下水から発電 秋里下水処理場バイオマス発電所 稼動から1年 2018/10/30
vol121放置竹林の荒廃・拡大防げ 2018/09/26
vol120エコ活動28年 地域に共感の輪 2018/08/30
vol119雑草が生えない有機米栽培 2018/06/28
vol118循環型社会を目指して 2018/05/29
vol117人と地球に優しいエコな山村暮らし 2018/04/26
vol116住宅用太陽光発電「2019年問題」 買い取り満了 どう扱う!? 2018/02/27
vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/01/29
 
vol.106 世代超え楽しく伝える


2017.2.24
 
 世界各地で異常気象が頻発する中、着実な温暖化対策が求められている。地域や家庭で温暖化防止活動を率先して実行する「とっとりエコサポーターズ」は、温暖化対策の旗手として期待される。エコサポーターズとして活動する公立鳥取環境大の学生グループを訪ねた。

鳥取環境大の学生団体 「エコ戦隊スナバーズ」 

次回の舞台に向けて練習するエコ戦隊スナバーズの学生たち=鳥取市若葉台北1丁目の公立鳥取環境大
地産地消フェアの舞台で演技するエコ戦隊スナバーズ。子どもたちものりのり=鳥取市賀露町西3丁目のわったいな

修理した放置自転車をポートに並べる(右から)幸本さん、宮地さん=鳥取市若葉台北1丁目の公立鳥取環境大

■鳥取ラブビーム

 エコ戦隊スナバーズ参上。1月28日、鳥取市賀露町西3丁目の地場産プラザわったいなで開かれた「地産地消フェア」(鳥取市など主催)。周り一面白銀に覆われた会場は、子どもの歓声に包まれた。

 エコ戦隊は昨年11月、エコサポーターズに委嘱された鳥取環境大の学生7人で結成された。子どもが大好きな戦隊キャラで、環境問題を分かりやすく知ってもらうのが狙いだ。

 初舞台のこの日、やや緊張しながらも堂々の演技。ヒーローのスナバーズが、悪役のフードマイレージと闘い、必殺技の鳥取ラブビームを繰り出して撃退。子どもたちに問い掛けた。

 「鳥取産の二十世紀梨やハタハタと、輸入された洋梨やサーモン。どちらを食べる方が環境に良いだろう」

 シナリオもテーマソングも自前で作った。テーマは「地産地消」。身近な地域でとれた農産物や水産物をその地域で消費する地産地消を推進することで、フードマイレージ(食料の輸送距離)を縮め、環境への負荷を軽減する。地元の特産品を数多く盛り込み、地産地消の大切さをアピールした。

 スナバーズ役の幸本伊織さん(20)は「難しいテーマだけど、子どもたちに楽しんで理解してもらえた」と手応えをつかんだ。

■「100人の1歩を」

 エコサポーターズは、家庭の二酸化炭素排出削減や地域での温暖化防止活動を推進する地域のリーダー。県主催の無料の講座を受講すると、知事から委嘱を受ける。現在、約100人が登録される。

 温暖化防止は必要だと多くの人が認識しているが、具体的な行動は難しいのが現状。エコサポーターズが地域の推進役となって活動することで、周りの人も取り組みやすくなる。メンバーをどう増やすか、課題だ。

 「エコ戦隊は子どもからお年寄りまで幅広い人たちに温暖化対策を楽しく伝え、エコサポーターズの存在をアピールしてくれる」。鳥取県地球温暖化 防止活動推進センターの山本ルリコさんは、学生の活動に期待する。

 その上で「どんな取り組みも『1人の100歩より、100人の1歩』。より多くの人が低炭素社会に向けて一歩一歩前進する方が、楽しくて効果的」とエコサポーターズへの参加を呼び掛ける。

■修理してシェア

 エコ戦隊のメンバーたちは大学に入り、エコサポーターズの研修で学んだり活動したりするうち、環境問題に関心が深まり、温暖化対策の大切さを実感した。エコ戦隊の音響担当、宮地歩さん(22)は「生き方が変わった」と打ち明ける。

 宮地さんや幸本さんは放置自転車の再利用に取り組んでいる。JR津ノ井駅周辺の放置自転車を回収し、修理。空色に塗装した自転車を、「ポート」と呼ばれる拠点に設置する。会員登録した人に自転車の鍵の番号を教え、会員は自由に使用。翌日までにポートに返す仕組みだ。

 宮地さんは「津ノ井地域と大学の交流が深まり、物を大切にし、自転車のあるまちづくりが進んでいる」と効果を実感する。

 宮地さんは今春、出身地の姫路市に帰り、就職する。「社会人になってもエコサポーターズの精神を持ち、積極的に環境問題に関わりたい」

■クールチョイス

 エコ戦隊の次回の出番は2月25日、鳥取市片原5丁目のショールーム・サルーテで開かれる「こどもエコクラブ交流会」(午後1時半開演)。環境省が提唱する温暖化対策「クールチョイス」をテーマに、家庭で取り組めるエコ活動について紹介する。

 スナバーズの必殺技、鳥取ラブビームは鳥取の「T」とラブの「ハートマーク」を両手で作って、鳥取の自然豊かな環境を守る決意を表す。

 幸本さんは「もっとテーマを広げて、子どもに愛されるヒーローになりたい」と意欲を燃やす。要望があれば、県内の保育園や小学校などどこにでも出掛ける。頑張れ!エコ戦隊スナバーズ。


トップが語る環境問題

災害ごみの処理に従事

北溟産業
(倉吉市岡)
代表取締役社長 中川 優広

 2015年2月に、中部1市4町と、弊社などが所属する中部清掃事業協同組合との間で「災害時における災害廃棄物処理等の協力に関する協定」を締結しました。大規模な地震や風水害などにより発生したごみの円滑な処理に備えたものでしたが、まさかその翌年の10月に鳥取県中部地震が発生するとは、思いも寄りませんでした。

 私どもは罹災(りさい)された方々の生活の再建を願い、協定にのっとって地震発生直後から、災害ごみの処理に携わりました。家屋の復旧などまだまだ時間が掛かると思いますが、一日も早い生活環境の整備と復興を望んでいます。

お薦めの一冊

「あたらしい家づくりの教科書」

松尾 和也 他共著

 初めて家を建てる人を対象に「『良い家づくり(高性能なエコハウス)の意義(メリット)』を伝えます」とのキャッチフレーズですが、家を建てた人や建てる(建て直す)予定のない人にも必見です。

 光熱費を抑え快適に暮らせる燃費のいいライフスタイルについて、データを用いて分かりやすく、すてきな写真とともに表現されています。エネルギーを通じて建築物が地域経済にもたらす恩恵について、読むとふに落ちます。 (新建新聞社・1620円)
 (とっとりエコサポーターズ、関口浩太)

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)