トップ > 記事
特集一覧

2021

vol149暮らしで未来を変える〜エシカル消費のススメ〜 2021/10/26
vol148環境に優しい車の普及へ 2021/09/26
vol147環境配慮型ビジネスへ 2021/08/26
vol146人と環境に優しい農業 2021/06/30
vol145環境に優しい再エネの活用 2021/05/28
vol144循環型社会(4R)の実現へ 2021/04/30
vol143食品ロスをなくそう! 2021/02/25
vol142SDGsの推進 2021/01/31

2020

vol141多様な生態系を守る 2020/12/28
vol140快適な暮らしを実現 2020/10/28
vol139豊かな世界へSDGs実践 2020/09/28
vol138目指すべき未来 Society5.0の社会実現に向けて 2020/08/29
vol137環境守る森林、林業 2020/06/29
vol136自治体が挑む環境問題 2020/05/29
vol135持続可能な社会へ力添え 2020/04/30
vol134電動車で代替エネルギー活用 2020/02/27
vol133エコに通じる食、健康 2020/01/31

2019

vol132ごみの減量化に向けて 2019/12/26
vol131景観守り、地域活性化 2019/10/29
vol130環境ビジネス最前線 先駆的な再エネ活用 2019/09/27
vol129新たなステージ迎えた環境とビジネス 2019/08/30
vol128SDGs(持続可能な開発目標)を知り実践しよう 2019/06/28
vol127できることから温暖化防止 2019/05/27
vol126環境保全型農業の実践 開かれた農業セクターの可能性 2019/04/25
vol125自治体が挑むエネルギー政策 バイオマス発電の取り組み 2019/02/28
vol124山を守る 温暖化防ぐ取り組み 2019/01/30

2018

vol123対策広め、温暖化防止 地域で活躍するサポート活動 2018/12/27
vol122下水から発電 秋里下水処理場バイオマス発電所 稼動から1年 2018/10/30
vol121放置竹林の荒廃・拡大防げ 2018/09/26
vol120エコ活動28年 地域に共感の輪 2018/08/30
vol119雑草が生えない有機米栽培 2018/06/28
vol118循環型社会を目指して 2018/05/29
vol117人と地球に優しいエコな山村暮らし 2018/04/26
vol116住宅用太陽光発電「2019年問題」 買い取り満了 どう扱う!? 2018/02/27
vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/01/29
 
vol.123対策広め、温暖化防止 地域で活躍するサポート活動


2018.12.27
 
 地球全体が直面する環境問題は、人々の生活や健康に大きく関係する重要なテーマとなっている。今回は、地球温暖化防止対策について、講義や体験学習などを通じて広く県民に周知徹底を図っているとっとりエコサポーターズと環境教育・学習アドバイザーの役割と活動を紹介する。

知識と経験生かし支援

「お魚教室」を開く中前さん(左)
自由研究を応援する釘宮さん(右)
岡山市で開かれた合同推進員研修会
勉強会の様子

とっとりエコサポーターズ

 地球温暖化の現状や温暖化対策の普及と推進を目的に、県内各種団体からの要請に応じて“出前講座”を展開。講演や体験学習を開くほか、温暖化についての相談を受け付けている。

 〈県地球温暖化防止活動推進センター開講の養成講座(無料)修了が条件。現在127人〉

【主な取り組み】
自由研究お助け隊

 児童の夏休みの自由研究を応援するため、釘宮貴志さん(米子市)が呼び掛け。今年は「身の回りの温度を考えよう」と、室内外の熱を調査し、熱中症などを予防して室内を快適に保つための工夫について学習した。

中国・四国ブロック合同
スーパー推進員研修会

 中四国9県の温暖化防止センターが持ち回りで開催。CO2の効率的な削減方法などをテーマに意見交換し、これからの活動目標や将来的な展開などを探っている。

とっとり環境教育・学習アドバイザー

 地球温暖化防止や自然環境の保全、再生可能エネルギーの開発と利用、ごみ問題と循環型社会などについて専門的な知識を持ち、環境問題に関する知識や活動経験を生かしながら、地域で体験型・実践型の環境教育を推進・支援している。

 〈県に登録申請書の提出が必要。現在、県内102人が登録〉

【主な取り組み】
木質バイオマス勉強会

 化石燃料に代わり、身近にある地域の杉など木質燃料の利用を促進するため、県地球温暖化防止活動推進センターが開催し、米井康史さん(鳥取市)が講師を務めた。CO2の増加を抑える薪(まき)を使用したストーブ、ボイラーなど、環境に優しい暖房方法を推進している。

お魚教室

 元小学校長の中前雄一郎さんが、児童と一緒に倉吉市周辺の河川で魚を調査。メダカやマシジミなどの希少生物が多く生息する、素晴らしい自然環境を紹介しながら、地域の自然保護と環境保全の大切さを学習している。



地球温暖化はいま

【COP24で「パリ協定」具体化】
脱炭素、若者の関心高まる 政府の方針転換後押し

COP24会場で日本に対して脱石炭を訴えたアジアの学生たち
 「温暖化はもはや避けられるレベルではない」。誰もがそう実感した今年。豪雨、熱波、爆弾低気圧、干ばつなど異常気象が私たちの暮らしを脅かしました。

 そんな折、ポーランドで開かれた気候変動枠組み条約締結国会議(COP24)で、世界中の国々が21世紀後半の温室効果ガス排出実質ゼロに向けて行動するための「パリ協定」の具体的なルールを作りました。

 大国である米トランプ大統領の離脱、フランスでは炭素税への反発に端を発したデモなど、開催前は「世界は本当に排出削減目標引き上げ議論のテーブルにつけるのか」という懸念が広がっていました。しかし、終わってみれば、むしろ脱炭素化による経済的な恩恵をできるだけ自国へもたらすための交渉がされ、まとまるのに時間を要しました。

 グローバル化した世界で、目先の利益だけにとらわれていては、気候変動の重大な影響を受け、結局は自国や企業の存続を阻みます。また、企業の気候変動対策への関心が高まっている若者たちが、消費者として、あるいは就職の際に、より対策に熱心な企業を選ぶようになりました。それらに危機感を募らせた先進企業のリーダーたちが国内外に増え、次世代の競争力の創出を見据え、協調し政府への方針転換を迫っています。

 さらには、脱炭素を可能とする技術やシステムにイノベーションを起こし、世界的な実業家となる若者の存在も世界の脱炭素への方針転換を後押ししています。これらの企業は、サプライチェーン全体での脱炭素化を求め、大きなうねりとなって世界を動かしつつあります。国内でも優秀な人材ほど、そのうねりを後押しする視点で行動しています。

 さて、人材が集まらないと嘆いている企業は、これらのうねりとどう関わっているのでしょうか。異常気象の悪影響と無関係な人や地域・企業がないのと同様、気候変動対策と無関係な事業はすでに皆無となっています。

 (鳥取県地球温暖化防止活動推進センター 山本ルリコ)

トップが語る環境問題

地球温暖化の防止に向けて

日本たばこ産業株式会社 鳥取支店
(鳥取市行徳1丁目)
支店長 森本 篤

 私たちJTは、健全で豊かな環境が将来の世代に引き継がれるよう、生物多様性を保全し、より良い環境の創造に向けさまざまな取り組みを行っています。

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの削減に向けて、国内においてはエネルギー効率が高く温室効果ガス排出量の少ない設備の導入・クールビズやウォームビズの推進・低燃費車の導入などの取り組みにより、グローバル全体での削減目標を3年前倒して達成(2017年実績で09年対比21.2%削減)することができましたが、これからも引き続き積極的に取り組んでいきます。

海岸清掃活動で環境意識

株式会社 白兎環境開発
(鳥取市千代水4丁目)
代表取締役社長 奥田 貴光

 海に囲まれた日本では「漂着ごみ」の問題を常に抱えています。海洋汚染はプラスチック製のストローやペットボトルによるものだけでなく、身近な河川から流れ出る生活のごみや不法投棄物など、さまざまな種類の廃棄物が混在しています。

 弊社では「山陰海岸ジオパーククリーン大作戦」と銘打ち、毎年秋に海岸清掃ボランティア活動を実施しています。今年も100人を超える参加者と一緒に、鳥取砂丘周辺のごみを拾い集めました。身近な場所の清掃活動を通じて、海を越えてやってくるごみや地球全体の環境問題に目を向けるきっかけになればと思います。


トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)