鳥取ICT最前線

  •  連絡帳“脱手書き” 保育現場、ICTで負担軽減 会員限定記事

    2020年12月25日

     時間外労働が常態化している保育現場の負担を軽減するため、鳥取県内で公立の保育園、認定こども園に情報通信技術(ICT)機器の導入を進める自治体が増えている。

    »全文を読む
  •  1人1台タブレット 鳥取県立高校 22年度導入へ 会員限定記事

    2020年12月24日

     鳥取県教委が、2022年度から県立高校の生徒に1人1台の情報端末の導入を目指す方針を固めたことが23日分かった。倉吉東高(福光浩校長)が他校に先駆け、21年度入学生が使用するタブレット端末の購入を決め、準備を進めている。高校での整備は全国の自治体で進められており、実現すれば鳥取県のICT(情報通信技術)活用教育の躍進が期待される。

    »全文を読む
  •  独創プログラミングに驚嘆 鳥取県小中高生コンテスト 会員限定記事

    2020年12月06日

     「鳥取県小中高生プログラミングコンテスト」(鳥取県情報産業協会主催、新日本海新聞社共催)が5日、オンライン形式で開かれ、出場者が制作した独創的なゲームの数々が審査員をうならせた。

    »全文を読む