子育て応援情報

  •  鳥取市が休日保育拡充 4月から新たに1園 会員限定記事

    2020年03月28日

     鳥取市は4月から、保護者の就労などにより日曜・祝日に家庭で保育できない子どもを預かる休日保育事業を拡充する。現在の受け入れ施設はとっとりまなびや園(千代水2丁目)のみだが、わかば保育園(吉方温泉1丁目)でも実施する。

    »全文を読む
  •  思い出詰まった学びやに別れ 閉校の神戸小 会員限定記事

    2020年03月25日

     鳥取県内の多くの小中学校で24日、修了式があった。鳥取市の神戸小、境港市の誠道小は学校統廃合に伴い本年度末での閉校が決まっており、児童が登校するのはこの日が最後。

    »全文を読む
  •  学校 本当に安全? 文科省指針に不安の声も 会員限定記事

    2020年03月25日

     新型コロナウイルス感染症の拡大防止で休校を余儀なくされた学校の4月再開に向け、文部科学省が指針を公表した24日、まだ感染者が確認されていない鳥取県内の教育現場では冷静に受け止める関係者がいる一方、「(指針内容は)これまでと同じで代わり映えしない」「学校は本当に安全なのか」など不安の声も上がった。

    »全文を読む
  •  鳥取県立高 推薦入試廃止 23年度実施目指す 会員限定記事

    2020年03月21日

     鳥取県教委は20日、県立高校入試の推薦入試を廃止し、各高校が求める生徒像に沿って試験を課す新たな入試を行う方針を明らかにした。2023年度入試からの実施を目指す。一般入試の英語は「読む・聞く・書く・話す」の4技能を評価する試験へ転換を図る。

    »全文を読む
  •  オンライン教材無料提供 県教委、アカ5万件確保 会員限定記事

    2020年03月19日

     新型コロナウイルス感染防止のための休校中の学習支援の一環として鳥取県教委は18日、県内の小中学生、高校生を対象にオンライン教材「すらら」の利用申請受け付けを始めた。教材はインターネットにつながるパソコンやタブレット端末で各自利用でき、自主学習に役立ててもらう。無料提供は31日まで。

    »全文を読む
  •  半月ぶりの授業、部活 県立学校 会員限定記事

    2020年03月19日

     新型コロナウイルスの感染防止策として休校措置を取っていた鳥取県内の高校など県立学校が18日、授業を再開した。生徒たちが久しぶりに友人と連れ立って登校したり、部活動に励んだりする姿が見られた。

    »全文を読む
  •  県立高再募集19校597人 25日試験 会員限定記事

    2020年03月19日

     鳥取県教委は18日、2020年度県立高校入試で再募集する学校と学科を発表した。全日・定時制合わせ、19校33科5コースで597人を募集する。

    »全文を読む
  •  校舎に活気戻る 県内トップ 北栄町4校が再開 会員限定記事

    2020年03月18日

     鳥取県北栄町の公立4小中学校は17日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための休校期間を終え、県内のトップを切って学校を再開した。このうち同町国坂の北条小は午前7時半過ぎから児童約400人が次々と登校。

    »全文を読む
  •  学童の子どもら支援 鳥大教授ら読み聞かせ動画配信 会員限定記事

    2020年03月15日

     新型コロナウイルス感染対策による臨時休校で自宅や学童保育で過ごす子どもたちを支援しようと、鳥取大の矢部敏昭地域学部教授らが絵本の読み聞かせ動画を同教授のホームページで配信している。東日本大震災時に被災地向けに制作したものを再配信。矢部教授は「頑張っている子どもたちに楽しんでもらいたい」と願う。

    »全文を読む
  •  県立学校18日再開 県教委が方針 会員限定記事

    2020年03月14日

     鳥取県教委は13日、新型コロナウイルスの感染を防ぐため2日から臨時休校にしている高校などの県立学校について、徹底した感染防止策を講じた上で18日から再開する方針を決め、市町村教委に伝えた。部活動は県外遠征などは見合わせるが再開。特別支援学校は児童・生徒、家庭の状況に応じて柔軟に対応する。

    »全文を読む