子育て応援情報

  •  鳥取県独自学テに1万7千人 全域に対象拡大 会員限定記事

    2021年05月12日

     実施2年目となる鳥取県独自の学力・学習状況調査(学力テスト)が11日、県内の小中学校、義務教育学校で始まった。本年度から対象を県内全域とし、新たに中学1年も加えた。20日までに小学4年から中学1年までの約1万7千人がテストに臨む。

    »全文を読む
  •  学びのアップデート 鳥取県のICT教育(上) 会員限定記事

    2021年05月03日

     国が進める「GIGAスクール構想」。新型コロナウイルスの感染拡大により、情報通信技術(ICT)を活用した教育の実践が全国で急速に広がった。鳥取県内でも昨年度末までに小中学校に1人1台のタブレット端末が用意され、本年度から本格的な活用が始まった。県教委は「学びの改革元年」と位置付け、大手企業や大学と連携して教育の可能性を広げる。学びの手法がアップデート(最新化)される学校現場の事例や現状、教員のスキルアップなどソフト面の課題を探る。

    »全文を読む
  •  工夫凝らし 境港二中、コロナで体育祭実施早める 会員限定記事

    2021年04月29日

     境港市竹内町の境港二中で28日、早くも体育祭が行われた。例年は9月上旬の実施だが、新型コロナウイルスの影響で9月に延期した3年生の修学旅行と重なるため、熱中症対策を兼ねて時期を変更。

    »全文を読む
  •  修学旅行の思い出に 福部未来学園生徒が陶芸体験 会員限定記事

    2021年04月29日

     米子市皆生温泉2丁目の法勝寺焼皆生窯で22日、修学旅行で訪れた福部未来学園(鳥取市福部町)9年の生徒24人が陶芸に挑戦した。窯元らの指導を受け、初めての作業に苦労しながら思い出の作品を形作った。

    »全文を読む
  •  文科省の「SSH」 鳥取西高が指定校に 会員限定記事

    2021年04月29日

     鳥取西高(鳥取市東町2丁目)が、将来の国際的科学技術人材の育成を目指す文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」指定校に採択された。期間は2021~26年度の5年間。

    »全文を読む
  •  気軽に手に取って 「みみちゃんプレス」保存し公開

    2021年04月07日

     鳥取市鹿野町の鹿野町農業者トレーニングセンターで、本紙が日曜日に発行している子ども新聞「みみちゃんプレス」がクリアファイルに保存され、公開されている。センターを利用する子どもたちが、手に取り興味深そうに目を通している。

    »全文を読む
  •  県代表の森君 作品発表 全国小学生プログラミング 会員限定記事

    2021年03月22日

     21日に開かれた「全国選抜小学生プログラミング大会」に鳥取県代表として出場した森凪君(11)=彦名小5年=は、開発したゲーム「鳥取の歴史を奏でろ」を米子市彦名町の自宅からオンラインで発表した。(3月22日22面参照)

    »全文を読む
  •  デザインしたバス見て 計5台、児童ら完成祝う 会員限定記事

    2021年03月22日

     琴浦町の町営バス1台とスクールバス4台が新しいデザインに生まれ変わり、21日、町役場で関係者に披露された。町内の小学生や協賛企業などが参加し、水色やピンクなど色鮮やかなラッピングバスと一緒に記念撮影するなどして完成を祝った。

    »全文を読む
  •  門出祝い成長写真 郵便局長が児童に贈る 会員限定記事

    2021年03月20日

     鳥取県内の大半の小学校で19日、卒業式が行われ、6年生が学びやを後にした。このうち鳥取市河原町佐貫の散岐小では、地元の郵便局長が児童の入学時と現在の写真をフレームに入れて14人の卒業生に贈り、門出を祝った。

    »全文を読む
  •  高速サイネット体感 桜ケ丘中吹奏楽部を島大が指導 会員限定記事

    2021年03月19日

     鳥取県内の公立学校と全国の大学や研究機関を結ぶ情報通信ネットワーク「SINET(サイネット)」を導入する工事が2月に終わったため、県教委が18日、開通記念事業として鳥取市桜谷の桜ケ丘中吹奏楽部と島根大をオンラインでつないで部活指導を行った。

    »全文を読む