子育て応援情報

  •  4667人 新たな一歩 鳥取県内高校35校で卒業式 会員限定記事

    2021年03月03日

     1、2の両日、鳥取県内35の高校で卒業式があり、計4667人が学びやを巣立った。米子東高(米子市勝田町)は新型コロナウイルス感染症対策で会場を米子コンベンションセンターに移し、329人の新たな門出を祝った。

    »全文を読む
  •  思い出胸に74人卒業式 倉吉北高、ウェブ生配信 会員限定記事

    2021年02月27日

     鳥取県内の高校の先陣を切って26日、私立倉吉北高(藤原辰広校長)の卒業式が同校であり、卒業生74人がたくさんの思い出を胸に学びやを巣立った。今年は会場に在校生を入れず、保護者の出席も一家族2人までに制限。

    »全文を読む
  •  全日制0・93倍確定 鳥取県立高出願締め切り 会員限定記事

    2021年02月27日

     2021年度鳥取県立高校一般入試の志願変更が26日正午で締め切られ、各校の最終志願者数が確定した。全日制課程38人が志願する学校や学科・コースを変更。全日制の競争倍率は変更前と変わらず、記録の残る1978年以降最低の0・93倍(前年度0・94倍)。定時制は0・45倍(同0・56倍)となった。(2月27日25面に志願状況一覧)

    »全文を読む
  •  冬の共同生活支えた70年 鴨川中寄宿舎 歴史に幕 会員限定記事

    2021年02月27日

     「長い間、お世話になりました」-。倉吉市関金町大鳥居の鴨川中(門脇正吾校長)の寄宿舎が26日、約70年の歴史に幕を下ろした。積雪などで通学に支障が出る遠距離通学の生徒が冬期に寝泊まりしていたが、利用生徒の減少や建物の老朽化を受け閉舎を決断。

    »全文を読む
  •  多様な分野で探究成果 青翔開智中高生が発表 会員限定記事

    2021年02月21日

     鳥取市の青翔開智中・高で20日、生徒の探究成果を発表する「青開学会」が開かれた。生徒たちは学校教育、持続可能な開発目標(SDGs)、医療、商業など多様な分野で地域課題を解決するためのアイデアを披露した。

    »全文を読む
  •  小6球児を指導 鳥取城北高野球部、20人招待 会員限定記事

    2021年02月21日

     選抜高校野球大会に出場する鳥取城北高野球部は20日、同校硬式野球部専用グラウンドに小学生を招いて野球教室を開いた。未来の高校球児は聖地に赴く先輩から多くを学び、成長を実感していた。

    »全文を読む
  •  名曲の数々 聴衆魅了 岩美高「ブルーマーティン-」 会員限定記事

    2021年02月17日

     岩美高の「ブルーマーティンジャズオーケストラ」の定期演奏会が11日、岩美町浦富の同町中央公民館で開かれた。ジャズやディズニー映画の名曲の数々を披露し、聴衆を魅了した。

    »全文を読む
  •  給食で若松葉ガニ1匹堪能 岩美中3年生 会員限定記事

    2021年02月17日

     岩美町浦富の岩美中で16日、卒業を控えた3年生82人に蒸した特産の若松葉ガニ(脱皮後間もない雄のズワイガニ)が給食で提供された。丸ごと1匹が振る舞われ、生徒らは夢中になってカニの身を取り、口いっぱいに頬張った。

    »全文を読む
  •  米子では韓国料理 束草市交流25年、36小中校 会員限定記事

    2021年02月17日

     米子市と韓国・束草(ソクチョ)市の姉妹都市提携が25周年を迎えたのを記念し16日、米子市内の公立小中学校など36校で「国際交流給食」が実施され、児童・生徒が韓国料理を味わって海外の食文化に理解を深めた。

    »全文を読む
  •  コロナ禍でも絆強く 鳥取市と姉妹都市の福島・郡山 会員限定記事

    2021年02月17日

     東日本大震災の発生から10年となるのを前に、鳥取市の児童が、姉妹都市の福島県郡山市で3月11日に開かれる鎮魂の催しに飾る灯籠の絵付けに取り組んでいる。

    »全文を読む