学び直しの喜び 夜間中学に集まる人々

  •  学び直しの喜び 夜間中学に集まる人々(5) 会員限定記事

    2022年05月31日

     「夜間中学でもどんな学校でも、通う人がいないと学校にならない。実際にどれくらい通いたい人がいるのか、どんな環境と学びを求めているのか。『ニーズの掘り起こし』が一番重要で、一番苦労した」と、昨年度開校した徳島県立しらさぎ中学校(徳島市)の都築吉則校長は振り返った。

    »全文を読む
  •  学び直しの喜び 夜間中学に集まる人々(4) 会員限定記事

    2022年05月29日

     義務教育の学齢期にさまざまな理由で就学できなかった人が学び直す夜間中学。鳥取県では、2020年度に設置検討委員会を立ち上げ、21年11月の定例教育委員会で設置する方針を正式に決めた。本年度、県教委は小中学校課内に県立夜間中学設置準備室をつくり、24年度の開設準備を本格化させた。

    »全文を読む
  •  学び直しの喜び 夜間中学に集まる人々(3) 会員限定記事

    2022年05月28日

     中学3年次までに来日した外国人は中学校への編入が比較的スムーズだが、16歳以上になって来日した場合、義務教育の学齢期を超えているため中学校に通えない。日本語が未熟な場合は、高校入試や就職のハードルも高くなる。頼れるコミュニティーも限られ、社会で“行き場”を失い困っている人も少なくない。

    »全文を読む
  •  学び直しの喜び 夜間中学に集まる人々(2) 会員限定記事

    2022年05月27日

     「先生、こんばんは」「〇〇さん、今日もお願いしますね」。午後5時45分、チャイムと共に“夕礼”の明るいあいさつが飛び交い、徳島県立しらさぎ中学校(徳島市)の一日が始まる。夕暮れから同9時ごろまで、老若男女の生徒が一緒に授業を受ける。

    »全文を読む
  •  学び直しの喜び 夜間中学に集まる人々(1) 会員限定記事

    2022年05月26日

     「この年になっても勉強できることがうれしいし、毎日楽しい。先生方もとても親切。英語のつづりを覚えることだけは、なかなか苦戦していますけどもね」。徳島県立しらさぎ中学校に通う最年長の大隅景子さん(89)=徳島市=は、少し恥ずかしそうに頰を緩めた。

    »全文を読む