参院選

参院選特集2022
参院選のキホン
数字で捉える
言葉で読み解く
トレンド調査
政策を比較する
党首第一声
党首第一声 ノーカット
選挙これって知ってる!?
結果データ分析1
結果データ分析2

関連ニュース
  •  暮らしと選挙 2022参院選 鳥取・島根選挙区(5) 会員限定記事

    2022年07月02日

     中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町、82万キロワット)の再稼働に向けた地元同意の手続きが終わり、同3号機(137万3千キロワット)の原子力規制委員会の審査再開も見込まれる。一方で、米子、境港両市など原発30キロ圏住民は原発の重大事故への不安を解消できずにいる。ロシアのウクライナ侵攻で原発の新たなリスクが浮上。“核のごみ”処分も未解決のままだ。

    »全文を読む
  •  政党の組織力低下 高齢化、若者離れ 参院選鳥取・島根 会員限定記事

    2022年07月02日

     10日投開票の参院選鳥取・島根選挙区(改選数1)に候補者を擁する鳥取県内の政党の組織力が低下している。高齢化や若者の政治離れで、かつてのように号令一下で活動することが困難に。関係者は党勢の拡大・維持に危機感を抱く。

    »全文を読む
  •  暮らしと選挙 2022参院選 鳥取・島根選挙区(4) 会員限定記事

    2022年07月01日

     「子どもたちはみな、進学を機に鳥取県外へと出ていってしまう」。旧船岡町の谷あいに位置する八頭町下野(しもつけ)の林高広区長(65)は肩を落とす。40年ほど前まで約100戸あった同集落の世帯数は、現在は約70世帯までに減少。頼りとなる若者の流出にも歯止めがきかない。

    »全文を読む
  •  ボートマッチ投票先参考に 米子高専で主権者教育 会員限定記事

    2022年07月01日

     参院選の投票日を前に、米子市彦名町の米子高専で30日、若年層の投票率向上を図る主権者教育の授業があった。学生らは選挙公報や自分の考えに近い政党が分かる「ボートマッチ」を使って政治への関心を深め、模擬投票を体験した。

    »全文を読む
  •  障害者 今なお置き去り 選挙情報、行き届かず 会員限定記事

    2022年06月30日

     7月10日に投開票される参院選に向け、障害者が投票しやすい環境の整備を求める声が相次いでいる。鳥取県で共生社会の実現を目指す「あいサポート条例」が施行され間もなく5年。投票所のバリアフリー化など障害者に配慮した環境づくりが進んだとはいえ、街頭演説に手話通訳がなかったり、障害者に情報が行き届きにくかったりと、今なお多くの問題が置き去りのままだ。「一票を投じる権利」の前に立ちはだかる壁はまだ高く、まだ分厚い。

    »全文を読む
  •  選挙これって知ってる!?(3) 特定枠ってなに? 会員限定記事

    2022年06月30日

    「特定枠」ってどんな制度なの?

    »全文を読む
  •  暮らしと選挙 2022参院選 鳥取・島根選挙区(3) 会員限定記事

    2022年06月30日

     「こんなに苦労したのは初めて。家畜用飼料が手に入らず、業者に電話をかけまくった」と話すのは、琴浦町篦津の酪農家、福田昌治さん(70)。かつてない飼料価格の高騰と品不足が畜産農家を苦しめている。

    »全文を読む
  •  広大な選挙区悪戦苦闘 ネット活用も「遊説に勝るものない」 会員限定記事

    2022年06月29日

     3度目の合区選挙となった参院選鳥取・島根選挙区。各候補は東西約350キロと広大な選挙区に悪戦苦闘している。移動時間の確保などを理由に個人演説会を重ねられず、有権者と接する機会は限定的。各陣営はインターネットも活用して有権者に声を届けようとするが、陣営関係者は「選択肢を示す上で必要なことだが、やはり遊説に勝るものはない」とため息をつく。

    »全文を読む
  •  暮らしと選挙 2022参院選 鳥取・島根選挙区(2) 会員限定記事

    2022年06月29日

     新型コロナウイルス感染症に加え、原油高による燃料費高騰や物価高などで、年金生活者などは苦しい状況に置かれている。年金は4月分から前年度比より0・4%引き下げられ、今月15日に支給された年金は従来よりも減額となった。貧困に悩む当事者は、その日その日を生きることで精いっぱいだ。

    »全文を読む
  •  政策アンケート 参院選 鳥取・島根選挙区 会員限定記事

    2022年06月28日

     新日本海新聞社は、参院選鳥取・島根選挙区の候補者に政策アンケートを行い、経済再生、生活困窮者対策、農林水産業対策、東京一極集中の是正、原発・エネルギー、安全保障と憲法改正の6項目について考えを聞いた。NHK党新人の黒瀬信明候補(37)▽共産党新人の福住英行候補(46)▽立憲民主党新人の村上泰二朗氏(34)▽諸派・参政党新人の前田敬孝氏(60)▽自民党現職の青木一彦氏(61)=公明党推薦、2期-の5人の主張を紹介する。(届け出順)

    »全文を読む