参院選

参院選特集2022
参院選のキホン
数字で捉える
言葉で読み解く
トレンド調査
政策を比較する
党首第一声
党首第一声 ノーカット
選挙これって知ってる!?
結果データ分析1
結果データ分析2

関連ニュース
  •  青木氏がリード 追う村上氏、島根浸透に苦戦、参院選 会員限定記事

    2022年06月24日

     共同通信社が22、23両日に実施した参院選に関する全国電話世論調査に、本紙の取材を加味して鳥取・島根選挙区の序盤情勢を探った。自民党の青木一彦候補(61)=公明党推薦、2期=が先行しており優勢。立憲民主党新人の村上泰二朗候補(34)が懸命に追う。共産党新人の福住英行候補(46)は伸び悩む。NHK党新人の黒瀬信明候補(37)、諸派・参政党新人の前田敬孝候補(60)は知名度が課題。ただ、3割弱が態度を決めておらず、情勢は変化する可能性がある。

    »全文を読む
  •  「生活とのつながり実感」 政治参加テーマ、鳥大生が座談会

    2022年06月24日

     参院選の公示に合わせ、新日本海新聞社は22日夜、鳥取大の塩沢健一教授(地域政治学)や学生の協力を得て、政治参加をテーマにした座談会を開いた。若年層の投票率低下が懸念される中、関心のある争点や社会問題、主権者教育や選挙制度などをテーマに意見を交わし、「1票の重み」について考えた。

    »全文を読む
  •  参院選 山陰の未来問い5人立つ 選挙戦スタート 会員限定記事

    2022年06月23日

     第26回参院選が22日、公示された。3度目の合区選挙となる鳥取・島根選挙区(改選数1)には、届け出順に、NHK党新人で同党職員の黒瀬信明氏(37)▽共産党新人で同党鳥取・島根国政対策委員長の福住英行氏(46)▽立憲民主党新人で元鳥取県職員の村上泰二朗氏(34)▽諸派・参政党新人で元琴浦町議の前田敬孝氏(60)▽自民党現職で元国土交通副大臣の青木一彦氏(61)=公明党推薦、2期-の5氏が立候補し、7月10日の投開票に向け18日間の舌戦が始まった。

    »全文を読む
  •  国民に寄り添う政治を 生活厳しさ訴え 有権者の声  会員限定記事

    2022年06月23日

     22日に公示された参院選。新型コロナウイルスの影響がいまだに残る中、原油価格高騰などによる物価高により、有権者の日々の生活も苦しくなっている。政治や候補者に何を求めているのか。有権者の声を聞いた。

    »全文を読む
  •  参院選鳥取・島根選挙区で舌戦スタート 5候補が第一声 会員限定記事

    2022年06月22日

     参院選が22日に始まり、鳥取・島根選挙区(改選数1)には届け出順に、NHK党新人で同党職員の黒瀬信明(37)▽共産党新人で同党鳥取・島根国政対策委員長の福住英行(46)▽立憲民主党新人で元鳥取県職員の村上泰二朗(34)▽諸派・参政党新人で元琴浦町議の前田敬孝(60)▽自民党現職で元国土交通副大臣の青木一彦(61)の5氏が立候補した。各候補は出陣式や街頭で第一声を上げ、7月10日の投開票に向けて舌戦をスタートさせた。

    »全文を読む
  •  5陣営 いざ決戦 選挙戦へ準備万端 会員限定記事

    2022年06月22日

     参院選公示を控えた21日、鳥取・島根選挙区(改選数1)に立候補を予定する自民党現職の青木一彦氏(61)▽立憲民主党新人の村上泰二朗氏(33)▽共産党新人の福住英行氏(46)▽NHK党新人の黒瀬信明氏(37)▽諸派・参政党新人の前田敬孝氏(60)-の5陣営は、選挙戦に向けた最終準備に追われた。鳥取・島根両県にまたがる広大な選挙区。関係者は遊説日程の調整や選挙カーの準備などに汗を流した。

    »全文を読む
  •  参院選公示 3市で第一声 鳥取・島根選挙区5候補 会員限定記事

    2022年06月22日

     第26回参院選は22日公示される。7月10日の投開票に向けて選挙戦が始まる。3度目の合区選挙となる鳥取・島根選挙区(改選数1)には、自民党現職で元国土交通副大臣の青木一彦氏(61)=公明党推薦、2期▽立憲民主党新人で元鳥取県職員の村上泰二朗氏(33)▽共産党新人で同党鳥取・島根国政対策委員長の福住英行氏(46)▽NHK党新人で同党職員の黒瀬信明氏(37)▽諸派・参政党新人で元琴浦町議の前田敬孝氏(60)-の5氏が立候補する。青木、村上、黒瀬の3氏は松江市、福住氏は鳥取市、前田氏は米子市でそれぞれ第一声を上げ、両県をまたぐ18日間の選挙戦の幕が上がる。

    »全文を読む
  •  合区と主権者(下) 米子高専教授 加藤博和さん 会員限定記事

    2022年06月21日

     主権者教育に取り組む米子高専の加藤博和教授(地域政策)は、若年層の低投票率の解決策として、日頃から選挙や社会課題を議論する必要性を説く。

    »全文を読む
  •  鳥取・島根 5人出馬へ 参院選 22日公示 会員限定記事

    2022年06月21日

     第26回参院選が22日、公示される。3度目の合区選挙となる鳥取・島根選挙区(改選数1)には、自民党現職で元国土交通副大臣の青木一彦氏(61)=公明党推薦、2期▽立憲民主党新人で元鳥取県職員の村上泰二朗氏(33)▽共産党新人で同党鳥取・島根国政対策委員長の福住英行氏(46)▽NHK党新人で同党職員の黒瀬信明氏(37)▽諸派新人で元琴浦町議の前田敬孝氏(60)-の5人が立候補を予定。盤石な組織を背景に3選を目指す青木氏に、4氏が挑む構図となる。

    »全文を読む
  •  合区と主権者(上) 鳥取大教授 塩沢 健一さん 会員限定記事

    2022年06月20日

     参院選は22日に公示される。公選法改正により選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられ、鳥取、島根両県では合区が導入されてから3回目の参院選となる。2016、19年参院選では鳥取県内の投票率は著しく低下し、若者の政治参加も進んでいない。合区の弊害や投票率向上への課題について、県内の専門家2人に聞いた。

    »全文を読む