3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol124

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.健康診断で尿酸値が高かったのですが、何が困るのでしょうか?
A.主に尿酸塩が臓器に沈着して起こる症状(痛風、腎障害、尿路結石)とメタボリックシンドロームとがあります。
 血液中の尿酸値が7.0 mg/dl以上を高尿酸血症と呼び、尿酸塩がたくさんできて多くは関節の中に沈着します。この尿酸塩が関節腔にはがれ落ちると痛風が起こります。痛風とは主に足の親指の付け根の関節や足関節が、激痛とともに真っ赤に腫れ上がってくる病気です。さらに、腎臓に尿酸塩が沈着すると腎機能が低下し、これが進むと腎不全になります。他に、尿路結石を起こすこともあります。

 また、症状がない人でも尿酸値が上昇するにつれて、メタボリックシンドロームになる頻度が高くなります。メタボリックシンドロームとは、肥満、脂質異常、耐糖能異常、高血圧などの動脈硬化症の危険因子を複数持っている人が、脳梗塞・心筋梗塞や糖尿病を発症しやすい病態のことです。その他、内臓脂肪が増えると尿酸値は上昇しますし、尿酸値が高い人は高血圧になりやすいこともわかっています。

 このように尿酸値は動脈硬化や生活習慣病と深いかかわりがあり、まずは食事療法、飲酒制限、運動療法が治療の中心となります。肥満を避け、プリン体を含む食事を減らし、ビールや蒸留酒を適量にし、果糖(ソフトドリンク、野菜ジュースなど)にも注意が必要です。痛風発作のある人や、尿酸値が8.0mg/dl以上の人の中には、内服薬で尿酸値を下げた方がよい場合がありますので、医療機関で相談してみましょう。

石井内科小児科クリニック 院長(内科担当) 石井 泰史さん



Q.入れ歯のバネと歯の間に食べカスが詰まったり、バネが目立って口を開けることができません。何とかできませんか?
A.「スマートデンチャー」というバネのない入れ歯があります。
 入れ歯の方で、「バネが目立って、大きく口を開けて笑うことができない」と言われる方がいらっしゃいます。誰でも入れ歯だと人に知られてしまうのは嫌なものだと思います。

 しかし、入れ歯の中には、「スマートデンチャー」というバネのない入れ歯があります。「スマートデンチャー」は、金属維持装置がないため、他人から歯肉と見分けがつきにくく見た目がきれいで入れ歯に気づかれにくい特長があります。「審美性に優れている」、「軽くて丈夫だ」といわれる方や、口にぴったりと合うと、「装着時の違和感があまりない」方もいらっしゃいます。

 さらに、この入れ歯は樹脂を使っているので、金属アレルギーの心配がほとんどありません。その樹脂は、米国の政府機関「米国食品医療品局」の安全性および生物学的試験にも合格した素材を使用しています。

 入れ歯の種類もいろいろあります。歯の状態などを詳しく見てもらい、自分にあった入れ歯が見つかるように、専門医へ相談してみてはどうでしょうか?

谷口歯科医院 理事長 谷口 雅人さん


皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)