3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol164

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.インプラントをしたところの歯茎が赤くなりました。どうすれば良いですか?
A.歯科医院での漢方薬による歯茎マッサージが有効です。
 インプラント歯周炎の可能性があります。インプラント歯周炎など歯茎のトラブルには、漢方薬を使用した歯茎マッサージをおすすめしています。漢方薬の主成分はマスティック樹脂、鶏血藤、ハスです。マスティック樹脂とはマスティック(ウルシ科の木)の樹液で歯周病に対して高い抗菌力があります。鶏血藤は血流が良くなり歯肉のうっ血を解消します。ハスは真菌(カビ)にたいして高い抗菌力があります。

 漢方薬の特徴は抗生物質のように耐性菌を作ることが無いため症状緩和後の予防目的で長期にわたって使用していただくことができます。インプラント治療を受けていない患者の方にも歯槽膿漏や歯肉炎の予防・症状緩和に効果があります。

 歯茎が引き締まると健康なピンク色になりますよ!

 安心できる主治医のもとでの定期的なメンテナンスはもちろんですが、おうちでの日々のケアも重要となります。常にお口の中を清潔に保つことが大切です。 医院任せでもなく、ご自身だけでもなく主治医と患者様が一緒にお口の状態を把握しておくことが肝心になります。

谷口歯科医院 理事長 谷口 雅人さん

皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)