3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol166

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.金属アレルギーによる皮膚病について教えてください。
A.皮膚に起こるアレルギー性のかぶれや歯科金属アレルギーなどがあります。
 金属アレルギーによる皮膚病には二つのタイプがあります。

 一つはアクセサリー、時計、ベルトのバックルなど金属製品が接する皮膚に起こるアレルギー性のかぶれです。このタイプの金属アレルギーはよく知られています。

 もう一つは、アレルギーを起こす金属を吸い込んだり、飲み込んだりして金属アレルギー物質が血流に乗って運ばれ、遠く離れた皮膚に症状を起こすものです。この代表的なものが歯科金属アレルギーです。アレルギーを起こす金属が口の中で溶け出し、それを飲み込むことによって起こります。このタイプでは手のひらや足の裏に小さな水疱(すいほう)や膿(う)みができる汗疱(かんぽう)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)など、金属アレルギーとは思えないような症状が出ます。

 金属アレルギーの診断には、金属を皮膚に貼り付けて赤くなるかどうかをみるパッチテストを行います。最初のタイプのものはこれによりほぼ診断できますが、二つ目のタイプではパッチテストのみでは状況証拠的で、本来は金属内服テストでの確認が必要です。

 金属アレルギーが確定すると対象金属を取り除きますが、歯科金属の除去は容易ではありません。またチョコレート、香辛料、紅茶、ココア、豆類など金属を多く含む食品にも注意が必要です。

葉狩皮膚科クリニック 院長 葉狩 良孝さん

皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)