3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol173

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.年齢を重ねるにつれて歯が無くなっていくのは仕方ないですか?
A.歯を失うのは年齢のせいではありません。定期的に口内のプラーク(歯垢)や歯石を取り去ることで、そのリスクを抑えることが可能です。
 歯が無くなるのは、年齢のせいだと思われがちですがこれは間違いです。口の中のプラークや歯石が問題なのです。歯科医院に定期的に通院している人や、たまたま口の中の細菌が少ないラッキーな人は高齢になっても自分の歯でしっかり食べることが出来ます。

 歯が痛くないのに歯医者に行くのは面倒……こう考える方もいらっしゃいますが、定期検診を受けている方と受けていない方では、年をとったときに残る歯の本数に大きな差が出ると言われています。歯を失わないようにするコツは痛くなってから受診するのではなく、定期的に歯が悪くなる原因となる歯石を取り去ることです。今からでも遅くありませんので、定期的に歯科医院を受診して口の中の細菌を減らしましょう。

谷口歯科医院 理事長 谷口 雅人さん

皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)