3
Vol.341 2021.3.11

TOP>>うさみみメディカル>>vol172

鳥取県東・中部、兵庫県北部版

Q.爪に黒い点や線が出たのですが、なにかの病気ですか。
A.メラノーマの可能性があるので、病院で確認してもらいましょう。
 「ほくろの癌(がん)」と言われるメラノーマは、体の至る所にできますが、手足の爪にも生じることがあります。爪のメラノーマでおそらく最も有名なのは「巨人の星」のエピソードでしょう。

 主人公の星飛雄馬の恋人、日高美奈の手の爪の中に小さな黒い点ができ、これがやがて彼女の命を奪うという内容で、子ども心に衝撃を受けたのを覚えています。このエピソードは、おそらく私と同年輩の50代後半の多くの方の記憶に残っているものと思われます。事実、爪のメラノーマの話題のときに、今でもこの話が出ることがあります。

 しかしながら、この有名なエピソードには大きな間違いがあります。爪は根元にある爪母(そうぼ)と呼ばれる部分から作られ、伸びていきます。通常、爪のメラノーマはこの爪母を巻き込んで起こっています。メラノーマは黒い色素を作るので、メラノーマのある部分で作られる爪は黒く着色されて伸びていきます。従って爪のメラノーマの初期の症状は黒い点ではなく黒い線となるのです。

 ただし、爪の黒い線がすべてメラノーマというわけではありません。ほくろのような良性のできものによっても爪の黒い線はできますし、皮膚の色素沈着を起こすような病気でも黒い線を生じます。爪の黒い線を見つけたら、専門医の受診をお勧めします。

葉狩皮膚科クリニック 院長 葉狩 良孝さん

皆さんが日頃思っている身体についての疑問や悩み、健康についての質問などを鳥取市内の専門医にQ&A形式で応えて頂くコーナーです。
皆さんからの投稿お待ちしております。




トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)