2017年2月28日

3月は中部が熱い!! ひなビタ♪×コナン

 3月は中部が熱い-。鳥取中部地震からの復興を目指す倉吉市と北栄町で来月、訴求力のあるキャラクターコンテンツを活用したイベントが相次いで開催される。「ひなビタ♪」一色の「くらよし ありがとう祭」、「名探偵コナン」の青山剛昌ふるさと館の開館10周年記念イベントで、いずれも“当日のお楽しみ”の仕掛けが盛り込まれている。

 3月11、12日は倉吉市の白壁土蔵群周辺で、倉野川市の5人の女の子のバンド「ひなビタ♪」が倉吉の復活をアピールする。キーワードは新名物の素材「ちくわ」。市内の飲食店約30店舗がちくわメニューで腕を競い、グランプリを決定する。

 アニソンステージ(11日)では人気DJのサオリリスさんらが登場。12日は山口愛さんら声優トークショーの後、「ひなビタ♪」の製作総指揮、TOMOSUKEさんがプロデュースする特別なステージが用意されている。

 一方、青山剛昌ふるさと館(北栄町由良宿)では10周年イヤーの今年、さまざまな事業を展開。3月18~20、25、26日の開館10周年記念イベントはその第1弾となる。国内外で人気を誇る最強のコンテンツ、コナンの聖地ならではの催しが繰り広げられる。

 注目は18日の「新アトラクション」「新展示」のお披露目。内容は当日までの秘密のようだが、アトラクションは「最新技術を駆使し、新たなコナンの魅力が堪能できる」と町関係者。

 同日は、近くに飲食施設を備えた「コナンの家」米花(べいか)商店街がオープンし、名探偵コナンの主題歌を歌う亜海れい子さんがミニライブを披露。コナン(JR由良)駅前に新オブジェが登場する。

 いずれも全国から大勢のファンが集結することが確実で、中部の元気と「まんが王国」の健在ぶりをアピールする日となりそうだ。(宇田川靖)

イベントの詳細
▽ひなビタ♪=日本海新聞中部本 社事業課。電話0858(26)8340
▽コナン=青山剛昌ふるさと館。 電話0858(37)5389。