主要・地域ニュース

県議の「器」 問われる資質と存在(上) 会員限定記事  元兵庫県議のカラ出張をめぐる“号泣会見”を発端に社会問題化した「政務活動費」(旧政務調査費)。鳥取県議には年間最大300万円支給される。県議会では早くから領収書の添付を義務付け、透明性を確保してきた。それでも市民団体や監査委員から「不適当」と判断されるケースもあり、県民には「分かりにくさ」が残る。 (続きを読む)

フリーペーパー

おすすめコンテンツ