2017年3月13日

全国、海外 ファン3000人 倉吉「ありがとう祭♪」

 鳥取県倉吉市の白壁土蔵群周辺で12日、復興応援イベント「くらよし ありがとう祭♪」(中国運輸局、倉吉まち魅力開発プロジェクト実行委、新日本海新聞社共催)が開かれた。11日の「くらよし 復活祭!」とともに、キャラクター音楽配信コンテンツ「ひなビタ♪」と連携した両イベントには、鳥取中部地震の被災地を応援しようと全国や海外からファン約3千人が集結。復興への願いを一つにした。

 会場周辺では、訪れたファンや地元住民らが、キャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーと、倉吉市とひなビタ♪の架空都市「倉野川市」との姉妹都市提携を記念して制作された「倉野川音頭」を一緒に踊って交流した。

 名古屋市から初めて倉吉市を訪れた間野翔一さん(27)は「地震の後ずっと心配していたが、(市民の)元気な姿を見られて安心した。倉吉の大ファンになった」と復興を応援。老舗公衆浴場「大社湯」(同市新町3丁目)の牧田智子さん(79)は「倉吉を心配し全国から来てくれうれしい。若いパワーをもらい元気になった」と感謝した。

 イベントステージでは、石田耕太郎市長が「皆さんの力が復興の後押しになる。ありがとめうっ」と声を上げ、平井伸治知事も「スタバはないけれど(ひなビタ♪の舞台となる)『日向美(ひなたび)』がある」と駄じゃれで会場を沸かせ、会場のファンと声をそろえ「エイエイオー」と元気を注入した。

 スペシャルステージでは、山口愛さん(春日咲子役)らひなビタ♪の声優陣らのトークショーがあり、「倉吉市にライブハウスをつくろう」などのアイデアを訴えた。また小沢亜季さん(東雲心菜役)、日南結里さん(東雲夏陽役)らのコンサートで盛り上がった。(池田悠平)