2017年9月30日

中電評価おおむね妥当 島根原発2号機規制委審査会合

 中国電力島根原発(松江市鹿島町)2号機の再稼働に向けた原子力規制委員会の新規制基準適合性審査会合が29日、東京都内で開かれ、島根原発の南側を東西に走る宍道断層について、長さを約39キロとした中電の評価をおおむね妥当とする考えが示された。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集