2017年10月13日

観光列車「昭和」配す 若桜鉄道30周年ポスター掲示

 第三セクター若桜鉄道(本社・鳥取県若桜町、小林昌司社長)は12日、開業30周年記念のポスターを若桜駅はじめ沿線8駅などに掲示した。来年3月にデビューする観光列車「昭和」があしらわれている。

 ポスターは「昭和」のデザインを手掛けた水戸岡鋭治氏が製作。B1サイズで、真ん中に青紫色の列車を大きく配し、「昭和」のロゴもレイアウトした。100枚印刷しており、14日の30周年記念式典で配布するほか、29日に同駅で開く記念イベントの景品にする。

 社長を務める小林昌司若桜町長は「名実ともに八頭、若桜両町民の鉄道。一緒になって節目を盛り上げていきたい」と話した。

関連特集