2018年3月24日

PCB処理期限迫る 3月末、事業者に罰則の恐れ

 かつて電気機器などに使われたPCB(ポリ塩化ビフェニール)を0・5%以上の高濃度で含む廃棄物の処理期限が今月31日に迫っている。鳥取県内にも手つかずの高濃度廃棄物が残っており、期限内に処理できなければ罰則が科される恐れがある。

会員登録すると続きをお読みいただけます。