2018年6月21日

相談窓口に情報2件 強制不妊、新たな被害者特定も

 旧優生保護法下で障害者らへの強制不妊手術が繰り返された問題で、鳥取県の平井伸治知事は20日の県議会本会議で、県の相談窓口に新たな被害者の特定につながり得る2件の情報が寄せられたことを明らかにした。

会員登録すると続きをお読みいただけます。