2018年10月26日

鎌倉時代の石組み遺構 瓦質土器のつぼも出土

 米子市文化財団は25日、日南町新屋の新屋宮ノ段遺跡で鎌倉時代の石組み遺構1基などが見つかったと発表した。石組み遺構の近くには1915年に多里神社に合祀(ごうし)された青瀧神社があったことから、

会員登録すると続きをお読みいただけます。