Shin-nihonkaishinbunsya
日本海新聞ふれあいの旅、トップページへ
トップ 国内旅行
(鳥取発着)
国内旅行
(大阪発着)
海外旅行 趣 味 ご利用案内 旅の流れ 旅のひろば Q&A 会社案内 問い合わせ

日本海新聞に掲載された『ちびっ子体験旅行』の記事・写真をご覧ください。

  2016年

 8月16日〜17日 【第13回】 大阪・神戸コース 2班

 8月7日〜10日 【第13回】 東京コース 2班

 8月3日〜4日 【第13回】 大阪・神戸コース 1班

 7月28日〜29日 【第1回】 満喫USJコース

  2015年

 8月17日〜20日 【第12回】 東京コース 2班

 8月17日〜18日 【第12回】 大阪・神戸コース 2班

 8月7日〜8日 【第21回】 四国コース

 7月30日〜31日 【第12回】 大阪・神戸コース 1班

 7月26日〜29日 【第12回】 東京コース 1班

  2014年

 8月21日〜22日 【第11回】 大阪・神戸コース3班

 8月18日〜21日 【第11回】 東京ディズニーリゾートコース2班

 8月7日〜8日 【第11回】 大阪・神戸コース2班

 8月6日〜7日 【第20回】 四国コース

 8月2日〜5日 【第11回】 東京ディズニーリゾートコース1班

 7月24日〜25日 【第11回】 大阪・神戸コース1班

  2013年

 8月22日〜23日 【第10回】 大阪・神戸コース3班

 8月18日〜21日 【第10回】 ディズニーリゾートコース2班

 8月18日〜20日 【第15回】 北九州コース

 8月8日〜9日 【第19回】 四国コース

 8月4日〜7日 【日本海新聞創刊130周年】 東京スカイツリー&横浜コース2班

 8月2日〜3日 【第10回】 大阪・神戸コース2班

 7月30日〜8月2日 【日本海新聞創刊130周年】 東京スカイツリー&横浜コース1班

 7月27日〜30日 【第10回】 東京ディズニーリゾートコース1班

  2012年

 7月28日〜31日 8月4日〜7日 8月18日〜21日 【第9回】 東京コース

 7月26日〜27日 8月9日〜10日 8月21日〜22日 【第9回】 大阪・神戸コース

 8月1日〜3日 【第17回】 伊勢・名古屋コース

  2011年

 8月3日〜6日 【第8回】 中九州コース

 7月27日〜30日 8月8日〜11日 8月17日〜20日 【キッズサマースマイルキャンペーン】 東京コース

 7月24日〜25日 8月17日〜18日 【第8回】 大阪&神戸コース

  2010年

 7月27日〜8月21日 【東京コース】【大阪&神戸コース】【四国コース】【伊勢&名古屋コース】



このページの先頭へ


Menu Content


  2016 ちびっ子体験旅行 【第13回 大阪・神戸コース 2班】
バスに乗り込み出発を待つ子どもたち=28日、JR鳥取駅南口
バスに乗り込み出発を待つ子どもたち
【8/16 出発】
 USJ楽しみに51人元気に出発

 小学4〜6年生まで51人が参加し、16日朝、鳥取県内から出発した。

 1泊2日の日程で、初日は神戸市の須磨海浜水族園と王子動物園を見学。17日は大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でアトラクションを楽しむ。

 東郷小4年の貝本妃菜莉さん(10)は「USJでジェットコースターに乗るのが楽しみ」と待ちきれない様子だった。

【8/17 帰鳥】 全日程を終了
 17日夜、小学4〜6年の51人が1泊2日の旅から帰り、出迎えの家族に楽しかった思い出を報告した。日進小5年の今井愛美さん(10)は「水族館で見たイルカのショーは最高でした。友達もでき、夏休みの思い出になりました」と話した。

 今年の体験旅行は全日程を終了。7月下旬から始まり、新設されたユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)を2日間にわたり満喫するコースなど、計3コース4班に約180人が参加した。

このページの先頭へ
  2016 ちびっ子体験旅行 【第13回 東京コース 2班】
笑顔で出発する子どもたち
笑顔で出発する子どもたち
【8/7 出発】 小中学生55人元気に出発
 小中学生55人が7日夜、家族に見送られながらバスに乗り込み、笑顔で鳥取県を出発した。

 8日朝には東京に到着し、車窓から東京都庁や東京スカイツリーを見学。その後、東京ディズニーシーを満喫する。

 9日は東京ディズニーランドで一日中遊び、帰りの車内ではビンゴゲームも。10日朝に帰鳥する。

 明道小6年の伊賀野晶さん(12)は「ディズニーランドが楽しみ」と話した。

【8/8 2日目】 ディズニーシーを満喫
 2日目の8日朝、国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーなどを車窓見学し、東京ディズニーシーを満喫した。

 東京コース3回目の参加になる弓ケ浜小6年の友森鈴風さん(12)と同小5年の山田そらさん(10)は「海底2万マイルは、本当の海底にいるみたいで少しびっくりしたけれど、とても楽しかった」「明日のディズニーランドもたくさんアトラクションに乗ったり、買い物をいっぱいしたい」と笑顔で話した。

【8/9 3日目】 ディズニーランド友達と一緒に満喫
 3日目の9日朝、快晴の空の下、東京ディズニーランドへ。

 友達5人で参加した鳥大付小5年の井戸垣諒佑君(11)と西谷温斗君(11)、松本康成君(10)は「鳥取と違ってたくさん人がいてびっくり」「ビッグサンダー・マウンテンは、落ちる時が少し恐いけれどとても面白かった」「みんなと遊ぶディズニーランドはとても楽しい。また、参加したい」と笑顔で話した。

 一行は10日朝、鳥取に帰着予定。

【8/10 帰鳥】 お土産抱え元気に帰着
 3日目の9日朝、快晴の空の下、東京ディズニーランドへ。

 小中学生55人が10日、3泊4日の日程を終えて元気いっぱいに鳥取に帰った。お土産を抱えてバスを降りた子どもたちは、出迎えた家族に笑顔で旅の報告をしていた。

出迎えた家族に旅の報告をする子どもたち
出迎えた家族に旅の報告をする子どもたち
 小学4年〜中学3年が参加し、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを満喫。帰りのバスではビンゴゲームなどを楽しんだ。

 岩尾侑真君(11)=河崎小6年=は「アトラクションにたくさん乗れて楽しかった。家族にいろいろ話したい」と笑顔を見せた。

  2016 ちびっ子体験旅行 【第13回 大阪・神戸コース】
 【8/3 出発】41人元気に出発
 3日朝、小学3〜6年の41人がバスに乗り込み、保護者らに見送られながら元気に出発した。
バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち
バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち
=3日、JR鳥取駅南口

 見どころが盛りだくさんな定番の人気コース。1日目は、イルカライブが楽しめる須磨海浜水族園(神戸市)と、パンダが人気の王子動物園(同)、2日目は大人気のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)を巡る。

 同級生と参加した修立小5年の逸見優翔さん(10)は「USJは小さい時に行ったきりなので、また行けるのがうれしい。宿泊のホテルも楽しみです」と笑顔を見せた。



お土産を提げてバスを降りる子どもたち
【8/4 帰鳥】41人いい思い出
 4日夜、1泊2日の旅行を終えて鳥取に帰った。家族に「お帰り」と出迎えられ、楽しかったことなどを報告した。

 小学4〜6年の41人が参加。神戸市の須磨海浜水族園や王子動物園、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を堪能。USJではたっぷりとアトラクションを楽しんだ。

 美和小6年の山田彩未さん(11)は「昨年も違うコースに参加して楽しかったので今年も参加した。特にUSJが夏休みのいい思い出になった」と笑顔を見せた。

 右:お土産を提げてバスを降りる子どもたち=4日、JR鳥取駅南口

  2016 ちびっ子体験旅行 【満喫USJコース】
バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち=28日、JR鳥取駅南口
バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち
=28日、JR鳥取駅南口
 【7/28 出発】友達と思い出いっぱい作る
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の滞在時間を増やしてほしいという要望を受けて新設。28日、小学4年から中学3年までの28人がバスに乗り込み、見送る保護者らに元気よく手を振って出発した。

 2日間でUSJに計12時間滞在し、さまざまなアトラクションを楽しむ。夜は50階のタワーホテルに宿泊し、大阪市内の夜景を堪能する。

 同級生6人と参加した岩美北小6年の宮脇彩華さん(12)は、映画の世界観を街並みごと再現した「ハリーポッター」が楽しみといい「写真をいっぱい撮って友達との思い出を残したい。宿題は帰ってからやります」と話した。

【7/29 帰鳥】友達できた 元気に帰着
バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち=28日、JR鳥取駅南口

 1泊2日の日程を終え29日夜、鳥取へ帰った。仲良くなった友達に「バイバイ」と手を振って別れ、出迎えた保護者らに楽しそうに旅の思い出を話した。

 小学4年から中学3年まで28人が参加し、パレードやさまざまなアトラクションなどユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を堪能した。

 稲葉山小5年の馬淵理子さん(10)は「スパイダーマンの乗り物が楽しかった。友達ができて良かった」と話し、同級生の岡田紗乃さん(11)は「ハリー・ポッターが面白かった」と笑顔だった。

 左:バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち=28日、JR鳥取駅南口

このページの先頭へ

  2015 ちびっこ体験旅行 【東京コース 2班】
元気に出発する子どもたち
元気に出発する子どもたち

 【8/17 出発】 元気に東京へ
 小中学生34人が17日夜、家族に見送られながらバスに乗り込み、元気いっぱいに鳥取県を出発した。
 18日は東京スカイツリーや国会議事堂前、皇居など都内の名所を見学した後、東京ディズニーシーへ。19日はディズニーランドで思い切り遊び、車内ではビンゴゲームも。20日朝に帰鳥する。
 河津雄大君(13)=福米中2年=は「ディズニーランドで、ビッグサンダー・マウンテンに乗るのが楽しみ」と話していた。

【8/18 2日目】 お土産買うよ
 2日目の18日、子どもたちは国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーなどを車窓見学し、東京ディズニーシーでさまざまなアトラクションを楽しんだ。
 友達3人で参加した美保小4年の谷本健太郎君(9)と鳥大付小4年の田中佑弥君、土橋日菜子さん(10)は「初めての東京ディズニーシーはとても楽しい」「センター・オブ・ジ・アースで音や火がリアルで少し怖かったけど面白かった。お土産もたくさん買いたい」と話していた。

【8/19 3日目】 TDLを満喫
 3日目の19日、子どもたちは東京ディズニーランドでさまざまなアトラクションやショーを満喫した。
 お気に入りのTシャツとサングラスで決めた明徳小6年の山崎凪紗さん(11)と谷口麻祐子さん(12)、坂本佳蓮さん(12)の3人は「暗闇の中を走るスペース・マウンテンはスピードが速く、スリル満点でとても楽しかった。ホーンテッドマンションやスプラッシュ・マウンテンも楽しみ」と笑顔で話していた。
 一行は20日朝、鳥取に到着予定。

土産を手にバスを降りる参加者
土産を手にバスを降りる
参加者

【8/20 帰鳥】 元気な笑顔で思い出を報告
 小中学生34人が20日朝、帰鳥した。両手いっぱいに土産を持った子どもたちは、出迎えの家族に元気な笑顔を見せ、旅の思い出を報告した。
 東京タワーなど都内の名所を車窓から見学し、東京ディズニーランドとディズニーシーでアトラクションを満喫。仲間たちと忘れられない夏休みの思い出をつくった。
 「センター・オブ・ジ・アースが面白かった」と内藤沙香さん(9)=加茂小4年。岸田菜那さん(9)=同=は「新しい友だちができた」と話していた。

(新日本海新聞社 旅行部)

  2015 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 2班】
バスに乗り込んで出発を待つ子どもたち
バスに乗り込んで出発を待つ子どもたち

 【8/17 出発】 USJ楽しみ
 17日朝、小学4年生から中学1年生まで45人がバスに乗り込み、出発した。
 1泊2日の日程で、初日は姫路城で昼食を取り、ヤクルト兵庫三木工場とめんたいパーク神戸三田を見学。18日はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でアトラクションを楽しむ。
 米子市から参加した住吉小5年の天満相太君(11)は「USJが楽しみ。他の人と仲良くなって友達を増やしたい」と話していた。


たくさんのお土産を抱えてバスを降りる子どもたち
たくさんのお土産を抱えて
バスを降りる子どもたち

【8/18 帰鳥】 思い出を報告
 18日夜、1泊2日の旅を終えて鳥取に帰った。出迎えた家族にお土産を手渡し、思い出話を楽しそうに報告していた。
 小学4年〜中学1年の45人が参加。姫路城やヤクルト兵庫三木工場を見学したほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でアトラクションなどを楽しんだ。
 八頭町から参加した藤原朋生君(12)=郡家東小6年=は「USJのハリーポッターが映画の世界みたいで楽しかった。お土産に買った魔法使いのつえで残りの宿題が片付いたらいいのに」と笑顔で話した。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2015 ちびっこ体験旅行 【四国コース】
バスの中で笑顔を見せる子どもたち
バスの中で笑顔を見せる子どもたち

 【8/7 出発】 新屋島水族館でイルカショー
 小学生34人が参加し、7日朝、鳥取県内から出発した。この日は新屋島水族館(高松市)でイルカショーなどを楽しみ、栗林公園(同)を散策。8日は讃岐うどん作りや金刀比羅宮(香川県琴平町)の参拝、ニューレオマワールド(同県丸亀市)を満喫し、夜に帰鳥する。
 福米西小2年の中井ららちゃん(7)は「うどん作りが楽しみ。友達もできたらいいな」と話していた。


バスから元気に降りてくる子どもたち
バスから元気に降りてくる子どもたち

【8/8 帰鳥】 お土産たくさん 34人元気に帰鳥
 参加した小学生34人は8日夜、元気に帰鳥した。お土産を抱えてバスを降りると、出迎えた家族に笑顔で旅の報告をしていた。
 1泊2日の日程で、新屋島水族館(高松市)やうどん作り、金刀比羅宮(香川県琴平町)参拝、ニューレオマワールド(同県丸亀市)などを楽しんだ。
 大山西小3年の山根大知君(8)は「包丁でめんを切るところが大変だったけど、うどんを作るのが楽しかった」と話していた。
 
(新日本海新聞社 旅行部)

  2015 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 1班】
お土産を手にバスを降りる子どもたち

 【7/30 出発】 USJ楽しみ
 30日、小学4年生から中学1年生まで43人がバスに乗り込み、夏休みの思い出づくりに向けて出発した。
 初日は姫路城やヤクルト兵庫三木工場、めんたいパーク神戸三田を見学。31日にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でアトラクションを楽しんで帰路に就く。
 鳥取市から参加した森本未来さん(10)は「工場見学を自由研究にしようと思っている。USJも初めてですごく楽しみ」と話していた。

 左:バスに乗り込み、笑顔で出発する子どもたち


お土産を手にバスを降りる子どもたち

【7/31 帰鳥】 姫路城やUSJ思い出いっぱい
 1泊2日の日程を終え31日夜、鳥取へ帰った。仲良くなった友達に手を振って別れを惜しみ、迎えに来た保護者らに笑顔で旅の感想を話していた。
 小中学生43人が参加。姫路城やヤクルト兵庫三木工場などを見学し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でアトラクションを楽しんだ。鳥取市立城北小5年の三宅凜奈さん(11)は「USJでスパイダーマンが炎の中から出てきたところがすごかった」と楽しかった思い出を語っていた。

 左:お土産を手にバスを降りる子どもたち
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2015 ちびっこ体験旅行 【東京コース 1班】
笑顔で出発する子どもたち
笑顔で出発する子どもたち

 【7/26 出発】 ダッフィーに会うの楽しみ
 小学5年から中学2年まで25人が参加し、26日夜に鳥取、倉吉、琴浦、米子からバスで出発した。
 27日は車内から東京スカイツリーなどを見学後、東京ディズニーシーを満喫。28日は東京ディズニーランドでアトラクションやショーを楽しんだ後、29日朝に帰鳥する。
 弓ケ浜小5年の松本萌花さん(11)は「ディズニーシーでダッフィーに会うのが楽しみ」と話していた。

【7/27 2日目】 アトラクション怖いけど面白い
 2日目の27日朝、快晴の空の下、国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーなどを車窓見学し、東京ディズニーシーへ。美和小5年の山田彩未さん(10)と依本杏奈さん(11)は「海底2万マイルは本物の潜水艦に乗ったみたいだった。お土産を買うのも楽しみ」とうれしそう。美保小5年の倉光美帆さん(11)と岡田心那さん(10)は「ストームライダーが少し怖かったけど面白かった。全部で五つくらいのアトラクションに挑戦したい」と話していた。

【7/28 3日目】 TDL楽しむ
 3日目の28日朝、期待いっぱいに東京ディズニーランドへ。元気よくアトラクションやショーを楽しんだ。旅行中に仲良くなった八橋小6年の宮川和夏さん(11)、5年の二奈さん(10)の姉妹と美保小6年の山崎愛莉さん(12)、白岩咲穂さん(11)は「スペース・マウンテンは宇宙を本当に飛んでいるようだったよ」「ホーンテッドマンションは少し怖いけど、すごく楽しみ」と、うれしそうに話していた。一行は29日朝、鳥取へ帰る。

   
笑顔でバスを降りる小学生たち
笑顔でバスを降りる小学生たち

【7/29 帰鳥】 思い出を報告
 子どもたちは29日朝、帰鳥し、旅行の思い出を家族に笑顔で報告した。小中学生25人が参加。3泊4日の日程で東京見学や東京ディズニーランド、ディズニーシーのアトラクションを楽しんだ。
 昨年に続いて参加した弓ケ浜小5年の藤崎未来さん(10)と友森鈴風さん(11)は「スペースマウンテンが面白かった。『海底2万マイル』では宇宙人みたいな人が現れ、楽しかった」とディズニー≠満喫した様子だった。
 
(新日本海新聞社 旅行部)

  2014 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 3班】

 小学4〜6年の40人が参加。8月21日朝、新日本海新聞社西部本社(米子市)、同中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口からバスに乗り込み、世界一のつり橋「明石海峡大橋」の体験展望施設「舞子海上プロムナード」や「須磨海浜水族園」、「王子動物園」を見学する。
 翌日は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の乗り放題パスポートでたくさんのショーやアトラクションを楽しみ、夜には鳥取へ帰る。

期待いっぱいに、バスに乗り込んだ子どもたち
期待いっぱいに、バスに乗り込んだ子どもたち
 【8/21 出発】 USJ楽しみ 意気揚々出発
 小学4〜6年の40人が参加。21日、米子、倉吉、鳥取からバスに乗り込んで出発した。
 初日は明石海峡大橋を一望する「舞子公園・舞子海上プロムナード」、ラッコやペンギンがいる「須磨海浜水族園」などを見学。22日にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)をたっぷり満喫して帰る。
 宮ノ下小5年の太田奈那さん(11)は「仲良しの友人と参加する。USJは2度目だけど、やっぱり一番の楽しみ」と話していた。


   
家族の出迎えを受ける子どもたち
家族の出迎えを受ける子どもたち

【8/22 出発】 USJ ジョーズ一番楽しかった
 22日夜、1泊2日の日程を終えて鳥取へ戻った。子どもたちは、出迎えた家族に楽しかった旅の思い出を報告していた。
 小学4年〜中学2年の40人が参加。「須磨海浜水族園」やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡った。
 宮ノ下小5年の博田圭さん(11)は「友達と一緒にたくさん遊んだ。USJのジョーズが一番楽しかった」と母親に笑顔で話していた。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2014 ちびっこ体験旅行 【東京ディズニーリゾートコース 2班】

 8月18日、新日本海新聞社西部本社(米子市)、中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口から夜行バスで出発する。
 3泊4日の日程で小学4年〜中学2年の57人が参加。19日朝、東京都庁や皇居前、国会議事堂などを車窓から眺め、東京ディズニーシーを楽しむ。
 3日目は、東京ディズニーランドでアトラクションやさまざまなショーをたっぷり満喫し、21日朝帰着予定。
   
バスに乗り込んだ子どもたち
バスに乗り込んだ子どもたち

【8/18 出発】 56人東京へ出発
 2班の小中学生56人が18日夜、バスで出発した。
 19日は東京タワーなど都内の名所を車窓から見学した後、東京ディズニーシーへ。
 20日は東京ディズニーランドで思い出を作り、21日朝に帰鳥する。

【8/19 2日目】 シーなど満喫
 2日目の19日、子どもたちは国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーを車窓から見学し、東京ディズニーシーでアトラクションを楽しんだ。
 美保小5年の新由衣さん(11)と谷林里桜さん(10)は「ジャンピン・ジェリーフィッシュが本当に海の中にいるようでとてもきれい」とうれしそう。
 久松小6年の倉光涼楓さん(12)は「タワー・オブ・テラーでエレベーターが落ちる瞬間がスリル満点」と話していた。
   
元気に帰鳥した子どもたち
元気に帰鳥した子どもたち

【8/20 3日目】 3Dミッキーの演奏 本当みたい
 3日目の20日朝、東京ディズニーランドへ。雲一つない青空の下、元気よく入場ゲートへ走り、アトラクションやショーを満喫した。
 宝木小5年の山本栞さん(10)と戸板瑞葉さん(10)は「アリスのティーパーティーでカップの座席をくるくる回すのがとても楽しい」。
 上灘小6年の杉本弥優さん(12)と松本渚さん(12)は「3Dのミッキーのフィルハーマジックはオーケストラが本当に演奏しているみたい」と喜んでいた。

【8/21 帰鳥】 土産いっぱい 思い出と帰鳥
 21日朝、日程を終えて帰鳥した。両手いっぱいに土産を持った子どもたちは、出迎えの家族に元気な笑顔を見せ、旅の思い出を報告した。
 小中学生56人が参加。2泊3日の日程で、東京タワーなど都内の名所を車窓から見学し、東京ディズニーランドでさまざまなアトラクションを楽しんだ。
 車尾小5年の勝部彩椰さん(10)は「東京ディズニーランドのビッグサンダー・マウンテンが楽しかった」と話していた。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2014 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 2班】

 1泊2日の日程で小学4〜6年の40人が参加。7日朝、新日本海新聞社西部本社(米子市)から同中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)を経由し、世界一のつり橋「明石海峡大橋」の体験展望施設、イルカライブ夏休み特別バージョンが話題の「須磨海浜水族園」、「王子動物園」などを見学する。
 8日は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の乗り放題パスポートでたくさんのショーやアトラクションを満喫し、夜に鳥取へ帰る。
   
バスに乗り込み笑顔で出発する子どもたち
バスに乗り込み笑顔で出発する子どもたち

【8/7 出発】 「USJ楽しみ」40人元気に出発
 7日朝、鳥取県内を出発。子どもたちは期待に胸を膨らませながらバスに乗り込み、見送る保護者らに元気よく手を振っていた。
 小学4〜6年の40人が参加。1泊2日の日程で舞子公園・舞子海上プロムナードや須磨海浜水族園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡る。
 倉吉市から参加した森皐さん(10)=河北小4年=は「USJが楽しみ。新しい友達もつくって楽しい2日間にしたい」と話していた。
   
お土産を手にバスを降りる子どもたち
お土産を手にバスを降りる
子どもたち


【8/8 帰鳥】 須磨、USJ思い出土産に
 8日夜、帰着。家族に出迎えられた子どもたちは、たくさんのお土産を手に楽しかった思い出を報告していた。
 小学4〜6年の40人が1泊2日の日程で参加。須磨海浜水族園を見学したほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でアトラクションなどを楽しんだ。
 鳥取市から参加した砂沢朋哉君(11)=美保南小6年=は「USJのスパイダーマンのアトラクションが楽しかった。普段できない経験がいっぱいできた」と笑顔で話していた。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2014 ちびっこ体験旅行 【四国コース】

 1泊2日の日程で小学2〜5年の24人が参加。8月6日朝、JR鳥取駅南口から新日本海新聞社中部本社(倉吉市)、同西部本社(米子市)を経由し、瀬戸大橋を渡る。
 四国の古い民家が復元された「四国村」やイルカショーが人気の「新屋島水族館」を見学。7日は、人気の讃岐うどん作りを体験し、石段を登って金刀比羅宮に参拝。自分たちで作ったうどんの昼食を取り、NEWレオマワールドを楽しんだ後、夜に鳥取へ帰る。
   
次々とバスに乗り込む小学生たち
次々とバスに乗り込む小学生たち

【8/6 出発】 期待胸に26人出発
 小学生26人が参加し、6日朝、1泊2日の日程で鳥取県内からバスで出発した。
 この日は新屋島水族館(高松市)でイルカショーを楽しみ、こんぴら温泉(香川県琴平町)に宿泊。7日には讃岐うどん作り体験や金刀比羅宮を参拝した後、ニューレオマワールド(同県丸亀市)で思いっきり遊ぶ。
 南部町から参加した比嘉望愛さん(9)=西伯小4年=は「生き物が好きなので、水族館が楽しみ」と話していた。

思い出を胸に帰鳥した子どもたち
思い出を胸に帰鳥した
子どもたち
【8/7 帰鳥】 笑顔で帰鳥
 参加した小学生26人が7日夜、日程を終えて元気に帰鳥。子どもたちは、出迎えた家族に楽しかった旅行を笑顔で報告した。
 1泊2日の日程で、新谷島水族館(高松市)でイルカショーを見たり、金比羅宮を参拝。ニューレオマワールド(香川県丸亀市)ではさまざまなアトラクションを楽しみ、忘れられない夏休みの思い出づくりをした。
 大西早羽さん(9)=西伯小4年=は「初めてうどん作りをした。自分たちで作ったうどんはすごくおいしかった」と笑顔で話していた。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2014 ちびっこ体験旅行 【東京ディズニーリゾートコース 1班】

 夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の「東京ディズニーリゾートコース1班」(3泊4日)が8月2日、出発する。
 小学4年から中学2年までの37人が参加。同日夕、新日本海新聞社西部本社(米子市)、中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)から夜行バスで東京へ向けて出発。
 東京都庁や皇居前、国会議事堂などを車窓見学した後、東京ディズニーシーを満喫。3日目は「ディズニー夏祭り」を開催中の東京ディズニーランドでアトラクションやショーをたっぷり楽しみ、5日朝帰鳥する。
   
元気よく出発する小学生たち
元気よく出発する小学生たち

【8/2 出発】 TDR1班元気に出発
 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の東京ディズニーリゾートコース1班が2日夜、鳥取県内からバスで出発した。
 小学生37人が参加。3日は早朝に国会議事堂や東京スカイツリーなど都内の名所を車窓から見学した後、東京ディズニーシーで遊ぶ。4日は東京ディズニーランドを楽しみ、5日朝に帰鳥する。
 南部町から参加した奥山花菜さん(11)は「ディズニーランドのお化け屋敷・ホーンテッドマンションに入りたい」と話していた。

【8/3 2日目】 スリル満点シーを満喫
 2日目の3日朝、国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーなどを車窓見学し、ディズニーシーを満喫。
 湖山小5年の砂川星日君(10)と砂沢龍君(10)は「タワー・オブ・テラーは、急降下して体が浮く感じがした。スリル満点ですごく面白かった」と大喜び。
 西郷小4年の井上澪音君(9)は「ストームライダーのミサイルを撃ったら雨が降ってきて、水しぶきがとても気持ちよかった」と話していた。

   
お土産を抱えてバスを降りる子どもたち
お土産を抱えてバスを降りる
子どもたち
【8/4 3日目】 ショーも堪能TDLぐるり
 3日目の4日、子どもたちは東京ディズニーランドでさまざまなアトラクションやショーを満喫。
 用瀬小5年の有本彩那さん(11)は「たくさんの乗り物も乗ったし、お土産も買った。大好きなチュロスも食べられた」と満足そう。
 弓ケ浜小4年の藤崎未来さん(9)と友森鈴風さん(10)は「ホーンテッドマンションがお化け屋敷みたいで面白かった」と話していた。
 一行は5日朝に鳥取へ帰る。

【8/5 帰鳥】 TDR1班笑顔で帰鳥
 小学4年から中学2年までの1班37人が2日から3泊4日の日程を終え5日朝、帰鳥した。
 東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを満喫したほか、車窓から東京スカイツリーや国会議事堂などを見物。子どもたちはたくさんのお土産を抱え、出迎えた家族に笑顔を見せていた。
 渡小4年の角彩花さん(9)は「疲れたけど友達もできて楽しかった。ディズニーシーのタワー・オブ・テラーが面白かった」と笑顔で話していた。
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2014 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 1班】

 夏休み恒例『ちびっ子体験旅行』(日本海新聞旅行部主催)の「大阪・神戸コース1班」(1泊2日)が7月24日、全コースの先陣を切って出発する。
 小学4年から中学2年までの29人が参加。バスで新日本海新聞社西部本社(米子市)からJR鳥取駅南口(鳥取市)を経由し、世界一のつり橋・明石海峡大橋の体験展望施設「舞子海上プロムナード」やイルカライブが人気の「須磨海浜水族園」、パンダやコアラがいる「王子動物園」などを見学する。
 2日目は、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の乗り放題パスポートでたくさんのショーやアトラクションを満喫し、夜に県内に帰る。
   
バスに乗り込み、笑顔の子どもたち
バスに乗り込み、笑顔の子どもたち

【7/24 出発】 期待いっぱい行ってきます
 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の大阪・神戸コース1班が24日、出発した。小学4年から中学2年までの29人が参加。期待に胸を躍らせながら元気よくバスに乗り込んだ。
 初日は明石海峡大橋が一望できる「舞子公園・舞子海上プロムナード」、ラッコやペンギンもいる「須磨海浜水族園」などを見学。25日にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のアトラクションを楽しみ帰鳥する。
 米子市から参加した本池泰生君(10)は「USJに行くのが楽しみ。スパイダーマンやハリーポッターのアトラクションで遊びたい」と話していた。
   
笑顔でバスを降りる
笑顔でバスを降りる子どもたち

【7/25 帰鳥】 USJ堪能 1班が帰鳥
 「ちびっ子体験旅行」(新日本海新聞社主催)の大阪・神戸コース第1班が25日夜、全日程を終えて鳥取へ戻った。家族に出迎えられた子どもたちは、楽しかった思い出を笑顔で報告した。
 小学4年〜中学2年の29人が参加。1泊2日の日程で、明石大橋が一望できる「舞子公園・舞子海上プロムナード」や「須磨海浜水族園」、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡った。
 白間愛留さん(10)=城北小4年=は「USJのアトラクションでたくさん遊んで友達と一緒に楽しく過ごせた。また行きたい」と笑顔で話していた。
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 3班】

期待に胸を膨らませて出発する子どもたち
期待に胸を膨らませて出発する子どもたち
 ことしの『ちびっ子体験旅行』(日本海新聞旅行部主催)を締めくくる1泊2日の「大阪・神戸コース3班」が8月22日、出発する。 小学4年〜中学2年の39人が参加。朝、新日本海新聞社西部本社(米子市)、中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)などを経由し、アサヒ飲料明石工場&三ツ矢サイダーミュージアム、須磨海浜水族園、王子動物園を見学。翌日は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の乗り放題パスポートで、ショーやアトラクションを満喫する。
大きな荷物を抱えてバスから降りる参加者
大きな荷物を抱えてバスから
降りる参加者

【8/22 出発】 期待いっぱい行ってきます 39人、元気よく
 8月22日、鳥取県内を出発。子どもたちは期待に胸を膨らませて足早にバスに乗り込み、見送る保護者らに元気よく手を振っていた。 小学4年〜中学2年の39人が参加。1泊2日の日程でアサヒ飲料明石工場や須磨海浜水族園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡る。 サッカー部の友人と参加した湖山西小6年の有田怜君(12)は「初めて行くUSJが楽しみ。すぐに2日間が過ぎてしまいそうです」と話していた。

【8/23 帰鳥】 楽しい思い出抱えて帰鳥
 8月23日、1泊2日の日程を終えて帰鳥。大きな荷物を抱えてバスから降りた子どもたちに、家族は「おかえり」と声を掛けて出迎えた。 小学4年〜中学2年の39人が参加。神戸の須磨海浜水族園や大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などで楽しんだ。 車尾小6年の横田日向さん(11)と安田毬愛さん(11)は「初めて絶叫マシンに乗ったUSJが楽しかった。思い出になった」と笑顔を見せていた。

(新日本海新聞社 旅行部)
 

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【北九州コース】

 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の後半が8月18日、スタートする。
 「北九州コース」は2泊3日の日程で、小学校2〜6年の14人が参加。朝、JR鳥取駅南口(鳥取市)、新日本海新聞社中部本社(倉吉市)、同西部本社(米子市)をバスで出発。関門トンネル人道で、世界的にも珍しい歩行者専用の海底トンネルを歩いて下関から門司へ渡る。門司港レトロ地区や水族館「マリンワールド海の中道」、秋吉台サファリランド、太宰府天満宮、「スペースワールド」などを満喫し、20日夜帰鳥する。

北九州コースに元気に出発した参加者
北九州コースに元気に出発した参加者
【8/18 出発】 期待を胸にいざ九州へ
 8月18日朝、2泊3日の日程で、JR鳥取駅南口(鳥取市)、新日本海新聞社中部本社(倉吉市)、同西部本社(米子市)をバスで出発した。 小学校2年〜6年までの14人が参加。学問の神様として知られる菅原道真公が祭られた「大宰府天満宮」の参拝や、「スペースワールド」では宇宙をテーマにしたアトラクションを楽しむ。2回目の参加という大山町国信の森田巧実君(10)=大山西小5年=は「いろんな友達ができるのが楽しみ」と期待を胸にバスに乗り込んだ。

荷物を抱えてバスを降りる子どもたち
荷物を抱えてバスを降りる子どもたち
【8/19 2日目】 太宰府天満宮や水族館を訪ねる
 2日目の8月19日、水族館のマリンワールド海の中道、太宰府天満宮の参拝、スペースワールドをたっぷり満喫。美保南小4年の高木響心さん(9)と2年の響来さん(7)姉妹は「珍しい海底トンネルを歩いた。水族館では大きいアシカにびっくりした。たくさんの魚を見ることができて楽しかった」と笑顔。同小4年の小谷遥菜さん(9)や2年の岩永雪那さん(7)は「スペースワールドのジェットコースターやたくさんのアトラクションがすごく楽しかった」と話していた。

【8/20 帰鳥】 思い出たくさん
 8月20日、全日程を終えて帰鳥した。子どもたちは、土産をいっぱい詰め込んだかばんを持って出迎えの家族に旅の報告をした。 同コースには小学生14人が参加。「太宰府天満宮」の参拝や、「スペースワールド」でアトラクションを楽しんだ。 境小6年の浜川実佑さん(11)と藤谷樹李奈さん(11)は「スペースワールドでジェットコースターに乗ったりして、楽しかった」と話していた。
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【ディズニーリゾートコース 2班】

 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の後半が8月18日、スタートする。
 「東京ディズニーリゾートコース2班」は3泊4日の日程で、小学4年〜中学2年の76人が参加。新日本海新聞社西部本社(米子市)、同中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)から夜行バスで出発。東京都庁や皇居前、国会議事堂などを車窓見学し「東京ディズニーシー」を満喫。翌日は30周年を迎えた「東京ディズニーランド」でアトラクションや夜のパレードなどをたっぷり楽しみ、21日の朝帰鳥する。
東京ディズニーリゾートコースに出発した参加者
東京ディズニーリゾートコースに出発した
参加者

【8/18 出発】 「夜のパレードすごく楽しみ」76人が出発
 8月18日夜、3泊4日の日程で、新日本海新聞社西部本社(米子市)、同中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)から夜行バスで出発した。 小学校4年から中学校2年まで76人が参加。一行は東京都庁や国会議事堂、東京スカイツリーなどを車窓見学し、「東京ディズニーシー」へ。翌日は開業30周年を迎えた「東京ディズニーランド」でアトラクションや夜のパレードを楽しむ。 姉妹で参加した米子市米原5丁目の浜田優美さん(11)=福米東小5年=と知美さん(10)=同4年=は「夜のパレードがすごく楽しみ」と笑顔で話していた。

【8/19 2日目】 「東京ディズニーシー」満喫
 2日目の8月19日朝、快晴の空の下、皇居や国会議事堂、東京スカイツリーなどの車窓見学を楽しんだ後、東京ディズニーシーでさまざまなアトラクションを満喫した。岡山県から姉妹で参加した東谷瑶喜さん(11)、茉祥さん(9)は「午前中だけで五つのアトラクションに乗ったよ。夏休みの思い出に旅行を勧めてくれたおばあちゃんに楽しかったと報告したい」と笑顔で話していた。
思い出と一緒にバスから降りる子ども
思い出と一緒にバスから降りる
子ども

【8/20 3日目】 TDL楽しむ
 3日目の8月20日朝、期待いっぱいに東京ディズニーランドへ向かい、青空の下、アトラクションやパレードを楽しんだ。旅行中に仲良くなった浜村小4年の小笠原遥杏さん、修立小5年の荒木郁美さん、赤碕小5年の杉本鈴夏さん、社小6年の鈴木凛さんは「スタージェットと買い物が楽しかった。他の学校の友達がたくさんできてうれしい」と楽しそうに話していた。一行は21日朝、鳥取へ帰る。

【8/20 帰鳥】 笑顔でただいま
 8月21日、全日程を終えて帰鳥した。参加した子どもたちは、出迎えの家族を見ると笑顔で駆け寄るなどしていた。 小学4年から中学2年まで76人が参加した。18日に出発し、東京ディズニーシー、東京ディズニーランドを満喫した。 明倫小4年の久保田菜子さん(9)=倉吉市みどり町=は「ディズニーシーに初めて行ったので楽しかったし、ホテルの部屋で友達と遊ぶのも楽しかった」と笑顔で思い出を話していた。
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【四国コース】

 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の「四国コース」が8月8日、1泊2日の日程で出発する。 小学校2〜6年生36人が参加。同日朝、JR鳥取駅南口(鳥取市)、新日本海新聞社中部本社(倉吉市)、同西部本社(米子市)を経由し、瀬戸大橋を渡って四国へ。 希少なホワイトタイガーが飼育されている「しろとり動物園」やイルカショーが人気の「新屋島水族館」を見学。翌日は、讃岐うどん作り体験や石段を登って金刀比羅宮参拝、自分たちで作ったうどんの昼食、NEWレオマワールドなどを楽しみ、9日夜に帰鳥する。
大きな荷物を持って出発する子どもたち
大きな荷物を持って出発する子どもたち
四国旅行を終えて帰着した児童たち
四国旅行を終えて帰着した児童たち

【8/8 出発】 うどん楽しみ 36人が出発
 8月8日朝、小学生ら36人が1泊2日の日程で出発。この日はホワイトタイガーが飼育されている「しろとり動物園」や新屋島水族館のイルカショーを見学。9日は金刀比羅宮参拝や讃岐うどん作りを体験し、ニューレオマワールドで楽しむ。 境港市の上道小2年、足立大知君(8)は出発前、「遊園地で乗り物に乗ることやうどん作りが楽しみ」と話した。帰鳥は9日夜。


【8/9 出発】 うどん作り体験し帰着
 8月9日、参加した小学生36人が帰着した。1泊2日の行程で新屋島水族館のイルカショーを見学したほか、讃岐うどん作りなどを体験。米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社では出迎えた保護者に早速、土産話をしていた。 大山小4年の中上世那君(9)は「水族館におもしろい魚がいて楽しかった。友達が8人ぐらいできた」と笑顔。母親の美紀さん(44)は「ちょっとたくましくなったかな」とうれしそうに話した。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【東京スカイツリー&横浜コース 2班】

 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の「東京スカイツリー&横浜コース2班」が8月4日夜、新日本海新聞社西部本社(米子市)、中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)を経由して、夜行バスで東京へ向けて出発する。 同コースは3泊4日の日程で、小学校4年生から中学校2年生までの20人が参加。話題の東京スカイツリー展望デッキで大パノラマを楽しみ、日本科学未来館、カップヌードルミュージアム、山下公園、横浜中華街、水上バスの乗船など、東京都内と横浜を巡る。翌日は、東京ディズニーランドでアトラクションや夜のパレードなどを満喫し、7日朝に帰鳥する。
保護者らに見送られて出発する子どもたち
保護者らに見送られて出発する子どもたち

【8/4 出発】 心ワクワク関東へ出発
 8月4日夜、小学4年から中学2年まで計20人が鳥取県内を出発。家族の見送りに笑顔で応え、元気よくバスに乗り込んだ。 3泊4日の日程。5日は東京スカイツリーや山下公園などを巡り、6日は東京ディズニーランドで過ごす。 米子市富益町の河合竜成君(12)=美保中1年=は「ディズニーの乗り物が楽しみ。友達もたくさんつくって夏休みのいい思い出にしたい」と話していた。

【8/5 2日目】 天望デッキ景色楽しむ
 2日目の8月5日朝、子どもたちは東京スカイツリー天望デッキの見学からスタート。日本科学未来館や横浜の山下公園、カップヌードルミュージアムの見学、シーバスに乗り海からの景色を楽しんだ。鳥取大学付属小5年の中本太一君(11)と山本大貴君(11)、福島颯太君(10)は「日本科学未来館でASIMOの動きが本当に人間のようで驚いた。病院で実際に働いているロボットを見て感心した」「スカイツリーのガラス床から見る景色は怖かったけど楽しかった」とうれしそうに話していた。

大きなお土産袋を抱えてバスから降りる子どもたち
大きなお土産袋を抱えて
バスから降りる子どもたち

【8/6 3日目】 ディズニーランド満喫
 3日目の8月6日朝、横浜のホテルでぐっすり眠った子どもたちは元気に起床。朝食後、お待ちかねの東京ディズニーランドへ行き、さまざまなアトラクションやショーを満喫した。友達4人で参加した津ノ井小6年の横山夏樹君(12)と三村洸太君(11)は「ホーンテッドマンションが一番楽しみ。お土産をたくさん買ったよ」「夜のエレクトリカルパレードも楽しそう。いろんなアトラクションに挑戦するぞ」と張り切っていた。一行は7日朝、帰鳥する。

【8/7 帰鳥】 お土産抱え笑顔で帰鳥
 8月7日、全日程を終えて帰鳥した。子どもたちはお土産をいっぱい抱え、迎えの家族に元気な笑顔を見せた。 小学4年〜中学2年の20人が参加。4日に出発し、東京スカイツリーや日本科学未来館、赤レンガ倉庫などを観光。東京ディズニーランドを満喫した。 崎津小4年の河合花七さん(9)=米子市富益町=は「初めてのディズニーランドが楽しかった。家族にお土産をたくさん買いました」と話していた。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース 2班】

 夏休み恒例の旅『ちびっ子体験旅行』(日本海新聞旅行部主催)の「大阪・神戸コース2班」が、1泊2日の日程で8月2日に出発する。
 小学校4年生から中学校1年生までの35人が参加。同日朝、新日本海新聞社西部本社(米子市)を出発し、JR鳥取駅南口(鳥取市)を経由してサイダーの歴史や製造工程を学ぶ「アサヒ飲料明石工場・三ツ矢サイダーミュージアム」や須磨海浜水族園、パンダやコアラが人気の「王子動物園」などを見学。
 翌3日は、大人気のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の乗り放題パスポートでたくさんのショーやアトラクションを満喫して帰鳥する。
出発を前に元気いっぱいの子どもたち
出発を前に元気いっぱいの子どもたち

【8/2 出発】 35人が元気に出発
 8月2日、鳥取県内を出発。子どもたちは期待に胸を膨らませて足早にバスに乗り込み、見送る保護者らに元気よく手を振っていた。 小学4年から中学1年までの35人が参加。1泊2日の日程でアサヒ飲料明石工場や須磨海浜水族園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡る。 米子市から一緒に参加した安達諒君(11)と立林千里君(11)は「USJが楽しみ」「あえて行き先を確認していない。どこに行くか楽しみ」と笑顔で話していた。

元気いっぱいに帰ってきた子どもたち
元気いっぱいに帰ってきた
子どもたち

【8/3 帰鳥】 お土産、思い出いっぱいあるよ 35人元気に帰鳥
 8月3日夜、全日程を終えて帰鳥した。いっぱい遊んだ子どもたちは、バスから降りると出迎えの家族に早速、土産話を始めるなど、旅を満喫した様子だった。 第2班には小学4年から中学1年まで35人が参加。USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)やアサヒ飲料明石工場、須磨海浜水族館などを回った。 湖山西小6年の森本みらいさん、垣本茉穂さん、北村愛美さん、松尾吏紗さん=いずれも(12)=は「一番楽しかったのはUSJのジェットコースター。何度行っても面白い」と話していた。


(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【東京ディズニーリゾートコース 1班】

バスに乗り込み笑顔を見せる子どもたち
バスに乗り込み笑顔を見せる子どもたち
【7/27 出発】 元気に第1陣出発
 夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の第1陣となる「東京ディズニーリゾートコース」1班が7月27日、鳥取県内を出発。子どもたちは期待を胸に元気にバスに乗り込んだ。小学生36人が参加。3泊4日の日程で、東京タワーや東京スカイツリー、国会議事堂など都内のランドマークを車窓から見学し、東京ディズニーシーへ。翌日は東京ディズニーランドでさまざまなアトラクションを楽しみ30日に帰鳥する。

【7/28 2日目】 アトラクション「もっと挑戦を」
 2日目の7月28日朝、国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーなどを車窓見学し、快晴の空の下、ディズニーシーでアトラクションを満喫した。8人グループで参加した加茂小5年の国谷聡馬君(11)と谷坂陸翔君(11)は「センター・オブ・ジ・アースとタワー・オブ・テラーがスリル満点だった」と大喜び。同じく白石大地君(11)も「もっとアトラクションに挑戦したい」と大張り切りだった。

笑顔でバスから降りる子どもたち
笑顔でバスから降りる
子どもたち
【7/29 3日目】 小雨のTDLでショーなど満喫
 3日目の7月29日朝、子どもたちはお楽しみの東京ディズニーランドへ。小雨の降る中、さまざまなアトラクションやショーを満喫した。競技かるたをしている友達3人で参加した末恒小5年の村口舞紘さん(10)と浜坂小5年の橋本初花さん(10)、津ノ井小5年の井嶋文香さん(11)は「お化け屋敷は嫌いだけどホーンテッドマンションはとても面白かった。お土産もたくさん買いたい」と笑顔で話していた。一行は夜のパレードを楽しみ、30日朝に帰鳥する。

【7/30 4日目】 出迎え家族に笑顔で報告
  東京ディズニーリゾートコース1班が7月30日朝、全日程を終えて帰鳥した。子どもたちは旅行の思い出を出迎えた家族に笑顔で報告した。小学生36人が参加。3泊4日の日程で東京ディズニーランド(TDL)などでアトラクションを楽しんだ。大篠津小5年の住田帆香さん(11)は「TDLでみんなと食べたチュロスやポップコーンがおいしかった。友達もできて楽しかった」と話していた。
 
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2013 ちびっこ体験旅行 【東京スカイツリー&横浜コース 1班】

 夏休み恒例の旅『ちびっ子体験旅行』(日本海新聞旅行部主催)の「東京スカイツリー&横浜コース1班」が7月30日、新日本海新聞社西部本社(米子市)、中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)を夜行バスで東京へ向けて出発する。 日本海新聞創刊130周年の特別企画である同コースは3泊4日の日程で、小学校4年生から中学校2年生までの36人が参加。 東京スカイツリー展望デッキで地上350メートルの大パノラマを楽しみ、日本科学未来館、カップヌードルミュージアム、山下公園、横浜中華街などを巡る。翌日は、東京ディズニーランドでアトラクションや夜のパレードなどを満喫した後、8月2日朝に帰鳥する。

待ちに待った東京旅行に向けてバスに乗り込んだ子どもたち
待ちに待った東京旅行に向けて
バスに乗り込んだ子供たち
【7/30 出発】 スカイツリー展望台楽しみ
 夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の「東京スカイツリー&横浜コース」1班が7月30日、鳥取県内から元気に出発した。小・中学生36人で、期待を胸にバスに乗り込んだ。3泊4日の日程で、31日に東京スカイツリーの天望デッキから東京を一望。8月1日には東京ディズニーランドで楽しむ。米子市内の母の実家に広島市から帰省中の小学4年、平沢悠太郎君(9)は「スカイツリーからどんな景色が見えるか楽しみです」と元気よくバスへ。一行は2日に帰鳥する。

【7/31 2日目】 ガラスの床スリル満点
 2日目の7月31日、東京スカイツリー天望デッキや日本科学未来館、山下公園、カップヌードルミュージアム、シーバスの乗船などを楽しんだ。社小6年の田中輝君(12)と山崎隼大君(11)、田中隆雅君(12)は「たくさんのビルや変わった建物を見ることができて良かった」「天望デッキからの雄大な景色や足元からのぞいて見ることができるガラスの床からの景色がスリル満点で面白かった」と喜んでいた。

バスから降り立ち、家族にお土産を見せる参加者=2日、倉吉市の新日本海新聞社中部本社
バスから降り立ち、家族に
お土産を見せる参加者
【8/1 3日目】 新しい友達とTDLを満喫
 3日目の8月1日、期待いっぱいの東京ディズニーランドを夜のパレードまでたっぷり満喫した。広島県から一人で参加した東野小4年の平沢悠太郎君(9)は「友達がすぐにできて一緒に回れて良かった」と笑顔。城北小5年の山根大輝君(11)、前田真吾君(10)は「トムソーヤのアトラクションで、みんなが力を合わせてチャレンジして面白かった」と楽しそうに話していた。一行は2日朝、帰鳥する。

【8/2 4日目】 お土産抱え笑顔で帰鳥
 8月2日朝、全日程を終えて帰鳥した。お土産を抱えバスを降りた子どもたちは、出迎えの家族らを顔を見ると、「ただいま」と笑顔で答えていた。 第1班には小学4年から中学2年までの36人が参加。東京スカイツリーや日本科学未来館、東京ディズニーランドなどを巡った。 長石一輝君(14)=鳥大付中2年=は「スカイツリーは天候が悪くて景色がきれいに見えなかったのが残念。一番楽しかったのは東京ディズニーランド。スペースマウンテンがよかった」と楽しんだ様子だった。

(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

  2012 ちびっこ体験旅行 【伊勢・名古屋コース】
 【8月1日(水) 出発】
   「伊勢・名古屋コース」は1日、小学3年から中学2年までが参加して鳥取県内を出発する。
 同日朝に新日本海新聞社西部本社(米子市)を出て、県中東部を経由して目的地の東海方面へ向かう。
 日程は2泊3日。トヨタ博物館、東山動物園、名古屋城、名古屋港水族館、伊勢神宮参拝・おかげ横丁、テーマパークの志摩スペイン村を楽しみ、3日に帰鳥する。
 【8月2日(木) 名古屋城など見学】
 第2日の2日、一行はバスに元気よく乗り込み、名古屋城や名古屋港水族館、伊勢神宮、二見ケ浦の夫婦岩を見学した。
 南部町の小学校3年生女児2人は「2人で旅行ができてうれしい。水族館でイルカショーを見て感動した。あすの志摩スペイン村も楽しみ」とにっこり。また、妹2人と一緒に参加した琴浦町の中学校2年生男子は「伊勢コースは2度目。友達ができて楽しい」と話していた。
【8月3日(金) 笑顔で帰着】
 伊勢・名古屋コース一行は3日、志摩スペイン村を楽しむなどし、2泊3日の行程を終えて鳥取県に到着した。参加した小中学生らが元気にバスを降り、出迎えた保護者に旅行の思い出を笑顔で報告した。
 鳥取市の小学校5年生男児は「志摩スペイン村など、3日間を楽しく過ごした。また行きたい」、同小女児は「参加したみんなと友達になり、夏休みのいい思い出になった」と笑顔を浮かべていた。降り立った子どもたちは薄暮の中、次の帰着地に向かうバスに手を振って見送っていた。

                                              (新日本海新聞社旅行部)

このページの先頭へ

  2012 ちびっこ体験旅行 【東京コース】
 【7月28日(土) 1班 出発】
 「東京コース1班」が7月28日に出発する。同班は小学4年から中学1年までが参加。新日本海新聞社西部本社(米子市)から同中部本社(倉吉市)、JR鳥取駅南口(鳥取市)を経由する夜行バスで東京へ向かう。
 日程は3泊4日。皇居外苑・二重橋やジャイアントパンダが人気の上野動物園のほか、東京タワー・大展望台、日本サッカーミュージアムなどを見学し、翌第3日は東京ディズニーランドを満喫する。31日朝に帰鳥する。
 【7月29日(日)・30日(月) 1班 ディズニーランドなど満喫】
 第2、3日の29、30の両日、首都圏での旅を満喫した。30日は東京ディズニーランドを訪れ、鳥取市内の小学校5年生の男児(10)は「スペースマウンテンはスリルがあって面白い」と笑顔が絶えなかった。
 倉吉市内の小学校5年男児(10)は「友達と回って、とても楽しい」、一緒にいた男児は「初めてのディズニーランド。お土産もたくさん買うよ」とうれしそうに話していた。
 29日は国会議事堂や東京駅、東京スカイツリーの車窓見学などの後に、東京タワーや上野動物園などを訪れた。鳥取市内の小学校5年生の男児(10)は「パンダは思ったより大きくてびっくり」。同小5年生女児(11)は日本サッカーミュージアムを見学して「オリンピックで日本代表に頑張ってほしいと思った」と笑顔で話していた。
 【7月31日(火) 1班 帰着】
 東京コース第1班が31日朝、帰着した。子どもたちは出迎えた家族に笑顔を見せ、楽しかった旅行を振り返った。
 33人が参加。3泊4日の日程で、上野動物園や東京タワー、日本サッカーミュージアム、東京ディズニーランドなどを巡り、夏休みの思い出づくりをした。
 米子市内の小学4年生の女児(10)は「東京タワーでは100段の階段が下に見えて怖かった。ディズニーランドではカリブの海賊のアトラクションが面白かった」と話した。

 【8月4日(土) 2班 出発】
 東京コース第2班が4日夜、出発した。一行は、米子から鳥取県の中部、東部を経由する夜行バスで東京に向かった。
 小学4年〜中学2年の36人が参加。3泊4日の日程で、皇居外苑・二重橋や上野動物園、東京タワーなどを観光。東京ディズニーランドでアトラクションやパレードを楽しみ、7日に帰県する。
 米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社でバスに乗り込んだ米子市の小学6年生の女児は「東京に行くのは初めて。ディズニーランドが楽しみです」と話していた。
 【8月5日(日) 2班 スカイツリーや上野動物園見学】
 2日目の5日朝、快晴の下、子どもたちは皇居外苑の散策で元気よくスタート。東京スカイツリーなどの都内車窓見学のあと、上野動物園や東京タワー、日本サッカーミュージアムを楽しんだ。
 上野動物園で、倉吉市の小学6年生の女児2名は「初めて見たオカピやジャイアントパンダがかわいかった。写真もたくさん撮ったよ」とうれしそう。
 日本サッカーミュージアムでは、同市小学6年生の男児2名は「歴代の代表のユニホームやサインを見てとても興奮したよ」と笑顔で話していた。
 【8月6日(月) 2班 TDLのアトラクション満喫】
 第3日の6日は期待に胸を膨らませて朝から東京ディズニーランドへ。さまざまな人気アトラクションやパレードを満喫した。
 鳥取市内の小学5年生の男児3名は「ホーンテッドマンションが一番楽しみ。お土産もたくさん買いたい」と張り切ってディズニーランドへ繰り出した。
 倉吉市の小学4年生の姉妹は「初めてのディズニーランドはとても楽しい。新しい友達もたくさんできた」と笑顔で話していた。
 【8月7日(火) 2班 帰着】
 東京コース第2班が7日、帰着した。子どもたちは出迎えた家族に元気な笑顔を見せ、土産話に話を咲かせていた。
 小学4年生から中学2年生の36人が参加。3泊4日の日程で上野動物園や東京タワー、日本サッカーミュージアム、東京ディズニーランドなどを巡り、仲間たちと夏休みの思い出づくりをした。
 米子市内の中学1年の男子は「ディズニーランドや東京タワーが楽しかった。車窓から東京スカイツリーも眺めた」と話していた。

 【8月18日(土) 3班 出発】
 東京コースの第3班が18日、鳥取県内を出発した。子どもたちは元気よくバスに乗り込み、見送る保護者らに手を振っていた。
 第3班には、小学4年生から中学2年生までの36人が参加。3泊4日の日程で、上野動物園や東京タワーなどを観光。東京ディズニーランドでは、さまざまなアトラクションを楽しんで夏休みの思い出づくりをし、21日に帰鳥する。
 米子市内の小学6年生の女児は「ディズニーランドが楽しみ。ホーンテッドマンションに行きたい」と待ちきれない様子で話していた。
【8月19日(日) 3班 上野動物園や皇居外苑見学】
 第2日の19日朝は快晴の下、皇居外苑の散策や東京スカイツリーなどの都内車窓見学で元気よくスタート。上野動物園では米子市内の小学4年生の女児が「ホッキョクグマが北極の王様に見えて一番かっこよかった」とうれしそう。
 東京タワーでは倉吉市内の小学6年生の男児が「大展望台から見る景色はとても気持ちよい」と元気いっぱい。
 日本サッカーミュージアムでは米子市内の小学5年生の女児が「日本のサッカーの歴史がよく分かってとても面白かった」と笑顔で話していた。
【8月20日(月) 3班 TDLを満喫】
 3日目の20日朝、子どもたちはお待ちかねの東京ディズニーランドへ行き、さまざまなアトラクションやパレードを満喫した。
 鳥取市内の小学5年生の女児2名は「友達と遊ぶディズニーランドはとても楽しい。旅行に参加して本当に良かった」とうれしそう。
 鳥取市内の小学6年生の女児2名は「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”はいろいろなモンスターが出てきて少し怖かったけれどとても楽しかった。お土産もたくさん買うよ」と笑顔で話していた。
 一行は21日朝帰鳥する。
【8月21日(火) 3班 帰鳥】
 東京コース第3班が21日朝、全日程を終えて帰鳥した。子どもたちは楽しかった旅行の思い出を笑顔で家族に報告した。
 小学4年から中学2年までの36人が参加。3泊4日の日程で上野動物園、東京タワーや東京ディズニーランドなどを観光した。
 日吉津の小学6年生の女児は「6年生の夏休みのいい思い出ができた。東京ディズニーランドでスペースマウンテンに乗ったのが楽しかった」と振り返った。

                                              (新日本海新聞社旅行部)

このページの先頭へ

  2012 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース】
 【7月26日(木) 1班 出発】
 夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)が7月26日、スタートした。第1陣となる「大阪・神戸コース1班」が同日、鳥取県内を出発。子どもたちは期待に胸を躍らせながら、荷物を手に次々にバスに乗り込んだ。
 県内の小中学生が参加した同コースは、1泊2日の日程で神戸、大阪を巡る。
 同級生3人と参加した鳥取市の小学6年生は「アサヒ飲料の工場やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行くのが楽しみ。飲み物ができる様子を見てみたい」と笑顔で話していた。
 一行は初日に舞子公園や明石市立天文科学館、アサヒ飲料明石工場を見学。第2日にUSJのアトラクションを楽しんで帰鳥する。
【7月27日(金) 1班 帰着】
 「大阪・神戸コース1班」が7月27日、鳥取県内に帰着した。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを満喫した子どもたちは、1泊2日の楽しい思い出を胸に、出迎えの家族と一緒に家路に就いていた。
 県内の小中学生が参加した1班は26日に出発し、初日は舞子公園、明石市立天文科学館、アサヒ飲料明石工場、第2日はUSJのアトラクションを存分に楽しんだ。
 鳥取市内の小学校5年生の女児(11)は「USJでは『ジュラシック・パーク』のジェットコースターがちょっと怖かったけど楽しかった。また行きたい」と喜んでいた。

 【8月9日(木) 2班 出発】
 大阪・神戸コース2班が9日、鳥取県内を出発した。子どもたちは見送りの保護者らに手を振りながらバスに乗り込み、旅先での体験に胸を躍らせていた。
 同班には小学4年から同6年までの41人が参加。1泊2日の行程で神戸・大阪を巡る。
 鳥取市内の小学5年年生男児は同じクラスの友人と参加。「以前兄が参加して楽しかったと言っていたので、すごく楽しみにしていた。アサヒ飲料の工場とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行きたい」と話していた。
 舞子公園・舞子海上プロムナードや明石市立天文科学館、アサヒ飲料明石工場を見学。10日にUSJでアトラクションなどを楽しみ、帰鳥する。
 【8月10日(金) 2班 帰着】
 大阪・神戸コース第2班が10日夜、全日程を終えて鳥取に帰着した。家族に出迎えられた子どもたちは、楽しかった思い出を笑顔で報告した。
 小学4〜6年の41人が参加。明石市立天文科学館やアサヒ飲料明石工場、人気テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどを巡り、2日間の“冒険旅行”を満喫した。
 鳥取市内の小学5年生男児は「友達と2人で参加したけど、バスの中や食事の時に話をしているうちに友達が増え、とても楽しかった」と話していた。

 【8月21日(火) 3班 出発】
 大阪・神戸コース3班が21日、鳥取県内から出発した。子どもたちは元気よくバスに乗り込み、旅の期待に胸を膨らませていた。
 今年の「ちびっ子体験旅行」を締めくくる同班には、小学4年から中学2年までの31人が参加。1泊2日の日程で神戸、大阪を巡る。
 鳥取市内から友人同士で参加した女児2名は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のジェットコースターに乗りたい」「旅行のために夏休みの宿題を終わらせた。夜のおしゃべりが楽しみ」と笑顔で話していた。
 同班は舞子公園・舞子海上プロムナードや明石市立天文科学館、アサヒ飲料明石工場などを見学。USJのアトラクションなどを楽しみ、22日に帰鳥する。
 【8月22日(水) 3班 出発】
 大阪・神戸コース第3班が22日夜、全日程を終えて鳥取に帰着した。家族に出迎えられた子どもたちは、楽しかった思い出をそれぞれ報告した。
 小学4年〜中学2年の31人が参加。明石市立天文科学館やアサヒ飲料明石工場、人気テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどを巡った。
 鳥取市内の中学2年生の女子は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは何度も行ったけど、友達と行けたのは初めてで、とても楽しかった」と笑顔で話していた。

                                              (新日本海新聞社旅行部)

このページの先頭へ

  2011 ちびっこ体験旅行 【中九州コース】
★【8月3日(水) 出発】
  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の中九州コースが3日、3泊4日の日程で出発した。阿蘇火山博物館や大分マリーンパレス水族館うみたまごなどを巡り、6日に帰鳥する。  小学2年から中学1年までの40人が参加。倉吉市上井町1丁目の新日本海新聞社中部本社でバスに乗車した長石一輝君は「体験旅行は5回目。水族館や別府温泉が楽しみ。たくさん友達をつくりたい」と期待を膨らませていた。
★【8月4日(木) 2日目 パン君のショーを満喫】
  フェリーの中で2日目の朝を迎えた子どもたちは元気いっぱい。大分県の別府港から下船後に訪れた八丁原地熱発電所では、温泉を利用して電気を作る仕組みを学んだ。  その後、熊本県の阿蘇草千里、火山博物館の見学のほか、お待ちかねのカドリードミニオンでは、テレビで人気のチンパンジー「パンくん」のショーを満喫した。  大島峰遥君は「たくさんの動物に触ったよ。クマの餌やりも楽しかった」。野坂伊吹君は「パンくんは思ってたより大きかった。ショーも楽しかったよ」と笑顔で話した。
★【8月5日(金) 3日目 手作り体験やイルカショー 】
  3日目の5日朝、大分県の別府温泉のホテルを出発した子どもたちは市内観光へ。別府地獄めぐり、竹鈴キーホルダー手作り体験、水族館うみたまごでイルカショーなどを見学した。種香夏さんは、「イルカのジャンプは高くて迫力満点、とても面白かった」とうれしそうに話した。  午後からはセントレジャー城島高原パークでアトラクションや買い物を楽しんだ。友達3人と参加した高浜優さんは椅子が空中回転するアトラクション、ウェーブスウィンガーに乗って「すごいスリルで楽しかった。次はゴーカートに挑戦」と笑顔で話した。
★【8月6日(土) 帰鳥】
  「ちびっ子体験旅行」(新日本海新聞社主催)の中九州コースに参加した小中学生40人が6日、無事帰着した。  3泊4日の日程で、熊本県の阿蘇火山博物館や八丁原地熱発電所展示館などを観光し、大分県の大分マリーンパレス水族館うみたまご、遊園地のセントレジャー城島高原パークなどで楽しんだ。  永見房ノ介君は「遊園地でたくさん乗り物に乗れて楽しかった」と笑顔で話していた。
                                              (新日本海新聞社旅行部)

このページの先頭へ

  2011 ちびっこ体験旅行 【東京コース】
★【7月27日(水) 1班 出発】
  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の東京コース第1班が27日、鳥取県内3カ所からバスで出発した。  小学3年から中学2年までの計40人が参加。3泊4日の日程で、羽田空港・国際線の展望デッキや東京スカイツリーなどを観光。さらに東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで夏休みの思い出づくりをして、30日に帰県する。  米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社でバスに乗った三宅遥さんは「ディズニーランドが楽しみです。ちゃんと思い出をつくりたい」と、今から到着を待ちきれない様子で話した。
★【7月28日(木) 1班 2日目 皇居など見学】
  2日目の28日朝、子どもたちは羽田空港国際線ターミナルの展望デッキから飛行機の発着の様子を見た後、皇居や国会議事堂、東京タワーなどを車窓見学した。  この後、待ちかねた東京ディズニーシーでさまざまなアトラクションを楽しんだ。小谷朋己君、谷田秀平君、井上敦司君は「ミステリアスアイランドにあるセンター・オブ・ジ・アースが一番楽しみ。土産もたくさん買うぞ」と元気よく笑顔で話していた。
★【7月29日(金) 1班 3日目 TDL楽しむ】
  3日目の29日朝、子どもたちはお楽しみの東京ディズニーランドを訪れた。小雨の降る中、元気良く園内に駆け出し、たくさんのアトラクションやショーを満喫した。  姉妹で参加した前田志保さんは「キャラクターのサインをいっぱいもらったよ」と大喜び。宮本結衣さんと近藤京華さんは「ビッグサンダー・マウンテンが、スピードも速くスリル満点で一番楽しかった」と笑顔で話していた。一行は30日朝、帰鳥する。
★【7月30日(土) 1班 帰鳥】
  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の東京コース第1班に参加した小中学生40人が30日、楽しい思い出を胸に鳥取県内に無事帰着した。  一行は3泊4日の日程で、羽田空港や東京スカイツリー、東京ディズニーランドなどを訪れ、展望やアトラクションなどを楽しんだ。  山田凜さんは「ディズニーランドやディズニーシーで友達といろいろな乗り物に乗れてよかった。家族や自分のおみやげをいっぱい買いました」と笑顔で話していた。

★【8月8日(月) 2班 出発】
  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の東京コース第2班が8日、鳥取県内3カ所からバスで出発した。 小学校4年生から6年生までの計40人が参加。3泊4日の日程で、羽田空港・国際線の展望デッキや東京スカイツリーなどを観光。さらに東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを訪れ、11日に帰鳥する。 米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社でバスに乗った足立昇太君は「東京スカイツリーや東京タワーを見てみたい」と話していた。
★【8月9日(火) 2班 ディズニーシーや車窓観光を満喫】
  2日目の9日の朝、快晴の空の下、羽田空港の国際線ターミナルや展望デッキから飛行機の出発の様子を見学。皇居や国会議事堂、東京スカイツリーなどの車窓観光も楽しんだ。この後、東京ディズニーシーでさまざまなアトラクションを満喫した。 友達4人で参加した下田珠希さん、河崎千華さん、上田理湖さん、有田早希さんは「海底2万マイルが本当の海に潜っているみたいで、少し怖かったけれどとても面白かった。買い物も楽しみ」と元気よく笑顔で話していた。
★【8月10日(水) 2班 元気いっぱいTDLを満喫】
  3日目の10日朝、期待いっぱいに東京ディズニーランドに出発。雲ひとつない青空の下、パレードやアトラクションを楽しんだ。 旅行中に友達になった佐々木海音さんと長谷川琴乃さん、亀尾明花さんは「ビッグサンダー・マウンテンが一番楽しみ」と元気いっぱい。 鳥取市の大角真加さんと岸野夢華さんは「ピーターパン空の旅が本当に空を飛んでいるようでとても面白かったよ」と笑顔で話していた。一行は11日朝、帰鳥する。
★【8月11日(木) 2班 思い出抱え笑顔で帰鳥】
  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の東京コース第2班に参加した小学生40人が11日、楽しい思い出を胸に鳥取県内に無事帰着した。 一行は3泊4日の日程で、東京スカイツリー、東京ディズニーランドなどを訪れ、展望やアトラクションなどを楽しんだ。 内藤怜香さんは「ディズニーランドで、みんなが仲良く、いろいろな体験ができて良かった。またみんなで行きたい」と笑顔で話していた。

★【8月17日(水) 3班 出発】
  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の東京コース第3班が17日、鳥取県内からバスで出発した。 56人が参加、米子と倉吉発の2便に分かれて出発した。3泊4日の日程で羽田空港国際線展望デッキや東京ディズニーシー、ディズニーランドに赴き、夏休みの思い出をつくる。
★【8月18日(木) 3班 ディズニーシーを満喫】
  2日目の18日、一行は羽田空港国際線展望デッキで、たくさんの飛行機を見たり、国会議事堂など都内を車窓見学後、期待いっぱいで赴いた東京ディズニーシーを満喫した。 きょうだいで参加の森永結女さん、光星君は「園内はすごく広い。暑いけどミッキーのアイスがおいしかった」と笑顔。小林建志郎君、米田朱里さんは「たくさんのキャラクターに会えたよ。明日のディズニーランドも楽しみ」と元気よく話していた。
★【8月19日(金) 3班 ショーなど満喫】
  3日目の19日朝、お楽しみの東京ディズニーランドへ出発。途中で強い雨に遭ったが、子どもたちは元気よくアトラクションやショーを満喫した。 旅行中に友達になった崎田星那さんと西山江利奈さんは「雨が降っていて、あまりアトラクションに乗れなくて残念だったけど、お土産をたくさん買って楽しかったよ」と笑顔で話していた。一行は20日朝、帰鳥する。
                                              (新日本海新聞社旅行部)

このページの先頭へ

  2011 ちびっこ体験旅行 【大阪・神戸コース】
★【7月24日(日) 1班 出発】
 夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の「大阪・神戸コース1班」が8月24日、鳥取県内を出発した。子どもたちは楽しい夏休みの思い出づくりに胸をわくわくさせていた。  同コースは1泊2日の日程で神戸、大阪を巡る。米子市の新日本海新聞社西部本社から18人、JR鳥取駅南口から9人の計27人がバスに乗り込んだ。  友達5人で参加したという安田夏海さんは「初めての参加ですが、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)が楽しみ」と笑顔で話していた。  一行は初日に姫路城や須磨海浜水族園、神戸海洋博物館・カワサキワールドを見学、2日目に大阪市のUSJに赴く。
★【7月25日(月) 1班 帰鳥】
 夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の大阪・神戸コース第1班が25日夜、2日間の旅行日程を終えて帰途についた。出迎えた家族らと対面した子どもたちは笑顔を見せ、楽しかった旅行を思い返していた。  同コースには米子地区から18人、鳥取地区から9人の計27人が参加。1泊2日の日程で、姫路城や須磨海浜水族園、神戸海洋博物館、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡った。  友達と参加した穐山未来さんは「USJのジョーズや新しいアトラクションが面白かった。写真を見るのが楽しみ」と話した。

★【8月17日(水) 2班 出発】
 「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の大阪・神戸コース第2班が17日、鳥取県内からバスで出発した。 小中学生40人が参加。1泊2日の日程で初日は姫路城や須磨海浜水族園などを見学。2日目はユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を満喫する。 仲良し4人組で参加した村上幹君は、JR鳥取駅南口からバスに乗車。「友達だけで行く旅行は初めてなので、いろんなことが楽しみ。USJでいっぱい遊びたい」とワクワクした様子だった。
★【8月18日(木) 2班 帰鳥】
  夏休み恒例の「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の大阪・神戸コース第2班が18日夜、2日間の日程を終えて帰着した。子どもたちは出迎えに来た家族に笑顔を見せ、楽しかった旅行を振り返っていた。 同コースには鳥取地区から22人、倉吉地区から7人、米子地区から11人の計40人が参加。17日から1泊2日の日程で姫路城や須磨海浜水族園、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを巡った。 遠藤真珠君は「USJは2回目だったけど、同級生たちと遊べて楽しかった。いい思い出になった」と笑顔で話していた。
                                              (新日本海新聞社旅行部)

このページの先頭へ

  2010 ちびっこ体験旅行

【東京コース】

★【第3班】  夏休み恒例の旅「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)を締めくくる、東京コース第3班の小・中学生52人が8月21日、数々の楽しい思い出を胸に帰鳥した。  一行は3泊4日の日程で、東京タワーやNHKスタジオパーク、東京ディズニーランドなどを満喫した。このうち、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社でバスを降りた参加者の浜田あみさん、山崎美優さんは「たくさんの友達ができてうれしかった」「東京ディズニーランドでたくさんのアトラクションに乗って楽しかった」と笑顔で話していた。

★【第2班】   「ちびっ子体験旅行」(新日本海新聞社旅行部主催)の東京コース2班で首都圏観光を満喫した小学4年から中学2年の21人が8月3日、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社に無事帰着した。 一行は3泊4日の日程で東京タワーや東京ディズニーランドなどを観光。参加者の加藤未咲さんは「ディズニーランドのスプラッシュマウンテンが楽しかった」と話していた。

★【第1班】   ちびっ子体験旅行の東京コース1班で首都圏観光を楽しんだ子どもたち33人が7月30日、無事鳥取県内3カ所に帰着した。子どもたちは家族に出迎えられ、笑顔を見せていた。  子どもたちは3泊4日の日程で、東京タワーや東京ドームシティ、野球体育博物館などを見学。東京ディズニーランドを思いっきり楽しんだ。

【大阪&神戸コース】

★【第2班】 夏休み恒例の旅「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の大阪・神戸コース2班で関西圏観光を満喫した小中学生19人が8月9日、思い出を胸に県内に無事帰着した。  一行は1泊2日の日程で、須磨海浜水族園やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)などを観光。県東部の参加者は午後7時半ごろにJR鳥取駅南口に到着した。
 参加者の高田こころさんは「USJのアトラクションがすごく楽しかった。友達もできたし、もう1回行きたいです」と笑顔いっぱいに話していた。

★【第1班】  「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞社旅行部主催)の大阪・神戸コース1班の22人が7月30日夜、楽しかった思い出を胸に県内に帰った。  同コースは29日朝に出発し、須磨海浜水族館やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のアトラクションなどを満喫した。  県東部の参加者を乗せたバスは午後7時半ごろ、鳥取市のJR鳥取駅南口に到着。出迎えの保護者を見つけると笑顔で駆け寄り、お土産を見せていた。 参加者の日笠鉄平君は「USJのジェットコースターに2回連続して乗って楽しかった」と話していた。

【伊勢&名古屋コース】  

★「ちびっ子体験旅行」(日本海新聞旅行部主催)の伊勢&名古屋コースに参加していた小・中学生37人が8月19日、楽しい思い出を胸に鳥取県内に帰着した。  一行は2泊3日の日程で三重、愛知両県に滞在し、鳥羽水族館や名古屋城などを訪れ、アトラクションや展望などを楽しんだ。  このうち、同日夕に鳥取市のJR鳥取駅前に到着した参加者の山口実優さんは「ナガシマスパーランドで、いろいろな乗り物に乗れたのが楽しかった。家に帰って思い出をいっぱい家族に話したい」と、疲れた表情も見せず笑顔で語っていた。

 

【四国コース】

★【第2班】  「ちびっ子体験旅行」(新日本海新聞社旅行部主催)の四国コース2班の19人が8月12日、鳥取県内に帰着した。  一行は新八島水族館でイルカショーを見たり、讃岐うどん作りを体験したりして2泊3日の旅行を楽しんだ。  このうち米子市の新日本海新聞社西部本社に同日夕、帰着した参加者の足立爽和さんは「ニューレオマワールドで遊んだり、うどんを作ったり、いろんな体験ができて楽しかった」と笑顔で話した。
(新日本海新聞社 旅行部)

このページの先頭へ

お申し込み〜出発までの流れを、詳しく説明してあります。
日本海新聞ふれあいの旅で残した、あなたと綴る「思い出」エピソードと、スタッフからの楽しい旅の紹介ページです。



Copyright© 2013 Shin-nihonkaishinbunsya All Rights Reserved.
新日本海新聞社