日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2016秋季鳥取県高校野球
2010秋季鳥取県高校野球
 
−第2日−
2016年9月26日の紙面から

 「秋季鳥取県高校野球大会」第2日は25日、コカ・コーラ野球場などで2回戦8試合が行われ、8強が決まった。境が4年連続、米子工が3年連続、鳥取工は4年ぶりの秋ベスト8入り。鳥取西は2試合連続のコールド勝ち。鳥取商は鳥取東に競り勝った。シード校の米子松蔭、鳥取城北と倉吉東は順当に勝ち上がった。

 第3日の26日は準々決勝4試合が同野球場と岩美町民野球場で行われ、来春の県大会のシード校が決まる。


 
米子工 逃げ切る
2016年9月26日の紙面から
2回戦・米子工―米子北 米子工は一回途中から登板した浦田が粘り強い投球でリードを守る=用瀬球場
米子工
002041000
米子北
000002020

 米子工がリードを守り逃げ切った。三回、板野、赤尾、長尾の3者連続安打で先制。五回には1死満塁から藤野の押し出し四球、下村の適時打などで4点を加えた。一回途中からリリーフした浦田が丁寧な投球で七回まで失点を与えず、攻撃にリズムをもたらした。

 米子北は守備の乱れで失点しリズムに乗れなかった。六回に池田尚、八回には安藤の適時打で2点ずつ返したが、反撃が遅すぎた。

 
境、初回に打線爆発
2016年9月26日の紙面から
倉吉西
020000
801111X
12
(六回コールド)

 境が初回、打者12人の猛攻で大量点を挙げた。初回、無死満塁から森安が左前適時打を放ち先制。さらに瀬田、古川の連続安打などで計8点を奪った。その後も小刻みに得点を重ねた。

 倉吉西は8点を追う二回2死二、三塁から、橋本の中前適時打で2点を返した。四回以降は二塁も踏めず、攻撃の糸口をつかめなかった。
 
倉吉東 8回に猛攻
2016年9月26日の紙面から
鳥取育英
01000000
倉吉東
00100205X
(八回コールド)

 中盤まで互角の展開も、倉吉東が押し切った。1−1で迎えた六回2死三塁から、松井の中前適時打で勝ち越し、続く有福も二盗に成功した松井を右前打でかえして1点を加えた。八回2死から政門、本荘らの長短5連打などで5点を挙げた。

 鳥取育英は計6犠打と小技を絡め、五回まで走者を毎回得点圏に進めたが、二回に石賀の内野ゴロで挙げた1点にとどまった。

 
鳥取工 6点差逆転
2016年9月26日の紙面から
米子西
240000000
鳥取工
000001051X

 鳥取工が最大6点差を逆転しサヨナラ勝ち。5点を追う八回、長谷川、広沢の適時打などで1点差に詰め、なおも2死一、二塁から大麻の中前適時打で同点に追いついた。九回には下田、長谷川の連打と四球で無死満塁とし、前橋が右前へ決勝打を放った。

 米子西は初回、安倍の適時打などで2点先制。二回には大森、塚田の二塁打などで4点を挙げたが、立ち直った鳥取工の広沢を攻めあぐねた。
 
鳥取西 打線つながる
2015年9月21日の紙面から
2回戦・米子高専−鳥取西 鳥取西は四回、沢が左前打を放って好機を拡大するなど、3安打3打点の活躍=岩美町民野球場
米子高専
00000
鳥取西
3037×
13
(五回コールド)

 鳥取西が堅実に打線をつないで快勝した。初回、森佑、土居の連打などで1死満塁とし、池井の内野ゴロと沢の右前打などで3点をリード。三回には田見、池井、沢の3連打、四回は1死満塁から山沢を含めた4連打で計10点を挙げた。
 米子高専は三回に橋本、朝久の中前打などで1死一、三塁としたがものにできなかった。


 
米子松蔭 完封リレー
2016年9月26日の紙面から
米子松蔭
000103002
八 頭
000000000

 米子松蔭の2投手による完封リレー。先発高木は六回まで散発2安打の粘投。2番手辰己も二塁を踏ませなかった。四回2死二塁から、高木の左越え適時打で先制。さらに六回2死満塁から原田の押し出し四球と馬場畑の左翼線への適時二塁打で突き放した。

 八頭は二回に敵失などで2死満塁、六回は加賀田の右前打などで1死一、三塁としたが、1本が出なかった。
 
鳥取城北 投打に圧倒
2016年9月26日の紙面から
鳥取城北
3201213
12
倉吉北
0000000
(七回コールド)

 鳥取城北が投打に圧倒した。初回、瀬戸の中越えランニング2点本塁打などでリード。二回に2死一塁から中島の右翼スタンドへの本塁打で2点を加え、その後も着実に加点した。先発右腕の福本が三塁を踏ませず、2番手左腕仲も無失点で抑えた。

 倉吉北は二回に2死一、二塁、七回にも本行の安打などで2死満塁の好機をつくったが、後続を断たれた。
 
鳥取商 接戦制す
2016年9月26日の紙面から
2回戦・鳥取東―鳥取商 九回1死二、三塁で鳥取東三走の山本(3)をホームでタッチアウトにする鳥取商の捕手の長田=コカ・コーラ野球場
鳥取東
010000000
鳥取商
00010020×

 鳥取商が競り勝った。1点を追う四回1死二、三塁から、徳永が右前適時打を放ち同点。互いに譲らず迎えた七回、四球や犠打で1死二、三塁とし、小山の左前適時打で勝ち越しに成功した。さらに2死一、三塁から西田が左前に運び追加点を挙げた。

 鳥取東は二回に相見の犠飛で先制したが、相手投手陣を打ちあぐねた。九回には1死二、三塁の好機をつくり、代打荒木の内野ゴロで三走の山本が本塁を狙ったが憤死した。




NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します
10月2日の試合
3決 米松蔭 6-1 倉吉東 試合終了
決勝 鳥城北 12-3 試合終了
10月1日の試合
準決勝 6-2 倉吉東 試合終了
準決勝 鳥城北 8-0 米松蔭 8回
コールド

9月26日の試合
準々決勝 鳥取工 2-7 倉吉東 試合終了
準々決勝 米子工 0-10 米松蔭 6回
コールド
準々決勝 鳥取商

1-4

試合終了
準々決勝 鳥取西 1-6 鳥城北 試合終了

トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)