日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2016秋季鳥取県高校野球
2010秋季鳥取県高校野球
 
−最終日−
2017年10月02日の紙面から
 「秋季鳥取県高校野球大会」最終日は1日、コカ・コーラ野球場で決勝と3位決定戦が行われ、米子松蔭が10年ぶり6度目の優勝を飾った。3位決定戦は鳥取商が制し、4年ぶり7度目の中国大会(10月27日開幕・広島県)の出場を決めた。


 
米子松蔭10年ぶりV 鳥取城北、好機生かせず
2016年10月3日の紙面から
決勝・鳥取城北―米子松蔭 米子松蔭は三回2死二、三塁から、土方が左前に運び同点。捕手は鳥取城北の山下=コカ・コーラ野球場
鳥取城北
001000000
米子松蔭
00200200×

 米子松蔭が競り勝った。1点を追う三回2死二、三塁から土方の左前適時打で同点。続く安田利も中前へはじき返し、勝ち越した。六回には1死一、三塁から代打攻勢。佐近の右前適時打後、辰己が左前打でつなぐと、安田翔も左前へ運び2点を加えた。先発右腕の坂越は粘り強い投球で6回1失点。左腕横山、南野と継投して逃げ切った。

 鳥取城北は二回、藤原の左前打に河野、西村祐の連続内野安打で無死満塁の好機をつくったが、スクイズ失敗などで逃した。三回に藤原の適時打で先制したが、逆転された後は相手投手陣を攻略できなかった。


 
打線爆発 鳥取商3位
2016年10月3日の紙面から
3位決定戦・境―鳥取商 鳥取商は二回2死二塁から山下の中越え二塁打で追加点=コカ・コーラ野球場
000022000
鳥取商
22010377×
22

 鳥取商打線が23安打22得点と爆発した。初回、田中の適時打、二回には山下の2打席連続2塁打などでそれぞれ2点を加えた。1点差に迫られた六回には田渕のライナーで左翼席に突き刺さる2点本塁打などでリードを広げ、七回は清水の三塁打などで7得点。八回には田中から5連打が生まれ、大きくリードした。

 境は序盤、ミスが失点に絡み、リズムに乗れなかった。五回には八幡、板垣の左前適時打、六回には岩本竜の適時打でそれぞれ2点を返した。七回以降は鳥取商2番手の清水を捉えられなかった。



NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します

10月1日の試合
3決 4-22 鳥取商 試合終了
決勝 鳥城北 1-4 米松蔭 試合終了
9月30日の試合
準決勝 鳥取商 0-1 米松蔭 試合終了
準決勝 0-5 鳥城北 試合終了
9月26日の試合
準々決勝
  (再試合)
米子工 1-2 鳥取商 試合終了
9月25日の試合
準々決勝 鳥育英 1-8 米松蔭 7回
コールド
準々決勝 米子北 8-10 鳥城北 試合終了
準々決勝 米子工 2-2 鳥取商 引き分け
再試合
準々決勝 1-0 倉吉東 延長11回

トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)