日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2017春季鳥取県高校野球
2011春季鳥取県高校野球
 
−決勝−
2017年5月1日の紙面から
 「春季鳥取県高校野球大会」最終日は30日、鳥取市のコカ・コーラ野球場で決勝と3位決定戦が行われ、鳥取城北が米子東を8−2で下し2年連続3度目の優勝を果たした。昨秋の県大会に続く2季連続の頂点。3位決定戦は倉吉東が鳥取西に勝ち、山陰大会(6月9〜11日・島根県江津市)の出場権を得た。鳥取城北は同点に追い付かれた直後の五回、山本貴、本道の連打で好機をつくり、瀬戸の犠飛などで勝ち越した。先発松江が5安打、2四球の好投。10年ぶりに決勝に進んだ米子東は、瀬尻の本塁打で挙げた2点に抑えられた。シード校の倉吉東は六回、政門の2点適時二塁打などで3点を加えて勝ち越し。八回にも得点を重ね、鳥取西を突き放した。


 
鳥取城北が連覇  米子東を8―2
2016年5月1日の紙面から
決勝・鳥取城北―米子東 鳥取城北は先発松江が9回5安打2失点で完投=コカ・コーラ野球場
鳥取城北
002030102
米子東
000200000
 鳥取城北が好機を逃さず突き放した。三回、中峰の右前打と2四球などで2死満塁とし、瀬戸の中前打で2点を先制。四回に同点に追い付かれたが、五回に山本貴、本道の連打などで無死満塁とし、今井の遊ゴロが敵失を誘って2点を勝ち越した。さらに瀬戸の中犠飛でリードを広げた。七回にも1点を加え、九回は本道、今井、瀬戸、片山のつるべ打ちで2点を加えた。先発松江は140キロ超の直球で凡打の山を築き、バックも好守でもり立てた。

 米子東は2点を追う四回に瀬尻の右越え2ランで一時追い付いたが、五回以降は2安打に抑えられた。
 
倉吉東 3位
2017年5月1日の紙面から
鳥取西
013012000
倉吉東
40021302×
12

  倉吉東が鳥取西との乱戦を制した。7−7の同点に追い付かれた六回、敵失や山田賢の内野安打などで無死満塁と攻め、竹内が押し出し四球を選び勝ち越し。なおも2死二、三塁から、政門が左越えの適時二塁打を放ち、2点を加えた。八回には先頭の山田賢が左前打で出塁し、続く竹内の左中間を破る適時二塁打で追加点。2死二塁となって、井谷の中越え二塁打でさらにリードを広げた。

 鳥取西は3点を追う三回、池井、山沢、沢、田見の連打で試合を振り出しに戻した。2点をリードされた五回には田見の左越え本塁打で追いすがった。

NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します
4月30日の試合
3決 倉吉東 12-7 鳥取西 試合終了
決勝 鳥城北 8-2 米子東 試合終了
4月29日の試合
準決勝 鳥城北 8-1 倉吉東 7回
コールド
準決勝 鳥取西 7-11 米子東 試合終了
4月24日の試合
準々決勝 鳥城北 12-0 鳥湖陵 5回
コールド
準々決勝 倉吉東 4-3 米子北 試合終了
準々決勝 鳥取商 12-13 鳥取西 延長10回
準々決勝 米子西 2-6 米子東 試合終了


トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)